« sega GT online 覚書12 | トップページ | オブリビオンより Ariona様通信20 Ramy見つかった。 »

2007年10月31日 (水)

(カローラ30さんまる) sega GTから脱線して独り言

 カローラ30(さんまる)ハードトップを運転していたことがあります。外見は思いっきり事故車でしたが、頑丈なシャーシのおかげか、ほとんど歪がなく、走りやすい車でした。(外見を見て他車が避けてくれたので走りやすかったのかもしれませんが。)

 グレードはSR、LEVINの一つ下のグレードでした。30SRのエンジンは2T-BR型、1600CCで、ツインカムではないけれど、ツインキャブのOHV8バルブでした。
 LEVINの2T-GRエンジンがツインカム、ソレックスツインキャブで110/6000(PS/rpm)、14.0/4800(kgm/rpm)というスペックに対して、
2T-BRエンジンは100/6000(PS/rpm)、13.9(kgm/rpm)というスペックでしたから、エンジンフィールは異なるものの、LEVINに匹敵するスペックだったと思います。{さらに付け加えるなら、LEVIN(型式:TE37-MQRGR)の車両重量が930kgに対して30SR(型式:TE37-MXBR)の車両重量は915kgですので、トルクウェイトレシオは(ry}

 私が拾った!?時点では事故車外観オプションの他に、フォグランプ、LEVINと同等の175/70タイヤ+アルミが装着されておりまして、良く走る車でありました。(エアコンなんぞはついていませんでしたので、暑いことこの上ありませんでしたが、若いってのは『そんなのかんけぃねぃ』だったのであります。)

 ちなみに取扱書(と書いてある。30には『さんまる』とルビがふってある。)は
2007103005
です。(捨てられない星人であります。)

|

« sega GT online 覚書12 | トップページ | オブリビオンより Ariona様通信20 Ramy見つかった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/16913871

この記事へのトラックバック一覧です: (カローラ30さんまる) sega GTから脱線して独り言:

« sega GT online 覚書12 | トップページ | オブリビオンより Ariona様通信20 Ramy見つかった。 »