« 自分のチキンぶりに・・よくわかるよ。食われる役の人 アンブレラ・クロニクルズ覚書1 | トップページ | 行き詰ったので、難易度下げました。 »

2007年12月 8日 (土)

実力はあるかもしれないけど、イラッとしてしまう。

 今更ながらではあるのですが・・、いや今更だからこそ、イラッとくることがあります。

  ホルストの組曲「惑星」の中でも、叙情的な旋律を持つ「ジュピター」、そしてその曲中で最も叙情的な旋律部分を抜き出して世に出られた平原氏。
 そしてい・ま・だ・に、「ジュピター」が代表曲としてマスコミから紹介されることが聞こえてくる平原氏。

 良いメロディだとわかっているのですから、売れることは予想できたわけです。(ましてや、彼女は音楽一家に育ったそうですから、勝ちを予想することはたやすかったはずです。)
 島谷ひとみ氏のように苦労を重ねた上で「亜麻色の乙女」にたどりつかれたのならイラッとしません。
 しかし、恵まれた出身でありながら、このような形で業界に「アドバンテージを持った一歩」を踏み出した以上は、「もっと実力を示せっ!もっと世に普遍的に認知される曲をリリースしてみろっての!」と言いたいわけであります。(本当はオリジナリティをフルパワーで押し出してlawnchするべきだったのです。宇多田ヒカル氏のように。)
 代表曲が「ジュピター」などと聞こえてこないようにしてもらいたいです。

 円氏のようにオリジナリティあふれる曲で一発かますのは大いにOKです。
 B’zだって、○○に似てるなどとよく揶揄されておりますが、やはりB’zはB’zなのであります。
 しかし、ジュピターはホルスト氏オリジナルのものであって、平原氏ではないっ!!平原氏の代表曲として紹介される場面に会う機会が多く、辟易+イラッときてしまい本記事を記載した次第であります。

 子供の頃、日曜の夜、日曜洋画劇場でさまざまな映画を楽しみ、淀川長治氏の「さよなら。さよなら。さよなら・・・。」で締めくくった後、「あー今日の映画、おもしろかったなぁ。・・明日からはまた学校かぁ。」などと現実に引き戻されるときに流れていたあの旋律。心を落ち着かせるようでいて、そして少し切ない(休日も終わって切ない。)・・・記憶は残ったまま、後年組曲「惑星」に遭遇する。
 「ぅわぁっ。この曲だったのか。やったぁ。これでいつでもこの旋律を聴くことができるぞ。・・・ぅわ、マーズもかっこいぃー。横溝正史氏の『悪魔が来りて笛を吹く』のクライマックスにもろはまりっ!!(なんで『悪魔が来りて笛を吹く』??・・・ちょうど読みながら、組曲「惑星」に耳を傾けていたのでありました。)」
 ぁ・・・どんどん話がずれてる。 まぁ、なんだ、平原氏にはもっともっと努力をしてもらいたいものなのですよ。万人が平原氏の代表曲といえば『○○(もちろん「ジュピター」以外」)』となるまで・・・。そうでないとこのイラッとする気持ちは消えることはないでしょう。(そんな思いをしている人は他にもいると考えるわけであります。)

 平原氏が努力して、飛躍された時、自分にも子供時代の物憂げな日曜の夜が戻ってくるのであります。(・・・・飛躍されずに、退場でも、物憂げな日曜の夜は戻ってくるのだけどな・・・。)

 まあ地平からの不平でありますが・・・。失礼します。

|

« 自分のチキンぶりに・・よくわかるよ。食われる役の人 アンブレラ・クロニクルズ覚書1 | トップページ | 行き詰ったので、難易度下げました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/17055041

この記事へのトラックバック一覧です: 実力はあるかもしれないけど、イラッとしてしまう。:

» 釈由美子 スポンサー向けに作成された裏CM [釈由美子 スポンサー向けに作成された裏CM]
釈由美子の全裸映像が流出した。 これは以前、釈由美子が出演したCMのスポンサー用... [続きを読む]

受信: 2007年12月 8日 (土) 08時37分

« 自分のチキンぶりに・・よくわかるよ。食われる役の人 アンブレラ・クロニクルズ覚書1 | トップページ | 行き詰ったので、難易度下げました。 »