« MGS4を予約してみた。 | トップページ | フローラルハミングのCMに釘付けになってしまった。 »

2008年3月24日 (月)

イアリング付き横耳MODを導入するにあたっての覚書 oblivionよりAriona様通信98

 uWaaa様は2ndパーティのコンパニオンの一人にイアリング付き横耳MODを導入されたようでございます。

 ゲーム oblivion(オブリビオン)内で旅されているAriona様と、Ariona様のマスターuWaaa様のお話であります。(とても痛い内容は自分用のゲーム進行覚書です。本当に覚書となってるのかな?)

 uWaaa「2ndパーティーのコンパニオン用にイアリング付き横耳MODを導入したのじゃが、作業が必要だったので覚書を記載する。」

 状況:
・新規種族設定したハイエルフベースのコンパニオンの耳MeshをCSにてイアリング付き横耳に設定する。
・CS上で確認すると、形状崩れや破れが認められる。(ゲーム内でも同様な崩れや破れが表示される。)
2008032005 2008032006 2008032007
・Nifskopeおよび、Blender上でearshuman.nifの形状を確認したが、形状崩れは認められない。
・MODに添付されていた別バージョンのearshuman.egmを適用しても、上記のような、形状崩れが発生する。

 推測:
・「頭のサイズにフィットさせるための.egmファイルが悪影響を与えているのではないか。」と推測。

 対応:
・導入予定のearshuman.nifを対象としたearshuman.egmファイルを生成しなおすことにする。
・Highelfの頭に使われているHeadhuman.egmとHeadhuman.triファイルをBSA_upbackを使って取り出す。
・Nifskopeで使用予定のイアリング付き横耳earshuman.nifをロードし、メニュー→export→export.objと進んでobjファイルを出力する。
・THE CONFORMULATORを起動して、上段のHead fileボックスでHeadhuman.triを指定する。(重要:同じフォルダにHeadhuman.egmファイルが置いてあること)
・下段のhair fileボックスでearshuman.objファイルを指定する。
・Conformulateボタンを押すと、earshuman.objファイルと同じフォルダにearshuman.egmファイルが生成される。
・生成されたearshuman.egmファイルを、ゲームDataファイル内のイアリング付き横耳earshuman.nifが置かれているファイル内のearshuman.egmと置き換える。

 結果:
・正常な形状で表示されるようになった。(ゲーム画面上でも正常な形状で表示されるようになった。)
2008032008 2008032009 2008032010

 以上

 uWaaa様はこのコンパニオンに斜視の外見を盛り込もうと検討中のようでございます。

 それでは失礼いたします。

|

« MGS4を予約してみた。 | トップページ | フローラルハミングのCMに釘付けになってしまった。 »

RPG」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/40619342

この記事へのトラックバック一覧です: イアリング付き横耳MODを導入するにあたっての覚書 oblivionよりAriona様通信98:

« MGS4を予約してみた。 | トップページ | フローラルハミングのCMに釘付けになってしまった。 »