« 顔テクスチャをさわってみる OBLIVIONよりAriona様通信84 | トップページ | Barthel Gernand氏が錯乱していた オブリビオンよりAriona様通信85 »

2008年3月 3日 (月)

鬼武者無頼伝 雑賀孫市ストーリーモード1

 かなりマイナーだと思われる「鬼武者無頼伝」をプレイしております。

 「鬼武者無頼伝」はカプコンが「スマブラDX」的なゲームを目指して開発、2003年にリリースしたものと考えられます。

・PS2用マルチタップを使えば、4人対戦も可能
・鬼武者1,2の正義キャラ達以外に敵キャラ達も使用できる。
・ゲストキャラとしてロックマンシリーズから2キャラ参戦
・宮本武蔵、佐々木小次郎も参戦
・名もなき雑兵も使用できる。
・鬼武者1がらみのキャラ、前田慶次郎参戦(ストーリーモードで謎がわかる・・・・)
・スマブラ風に落ち物アイテムを使って、攻撃、回復、ステータス変化することができる。(対戦モードでは100tハンマーやマシンガンを拾って攻撃可)
・もちろん幻魔の魂を吸って回復、ステータス変化することもあり。
・戦術殻を吸って、雷、火、風の必殺技を出すことができる。

 という特徴があります。

 一人用のストーリーモードではステージの間に鬼武者1と鬼武者2の後(鬼武者3の前)の時代での各キャラのからみやストーリーが描かれていて、ストーリー情報が補間されます。

 と、さまざまな要素が盛り込まれているものの、私は地味な雰囲気を強く感じるゲームであります。

 先日、雑賀孫市ノーマルストーリーモードにて下記アイテムを入手いたしました。
力石(HP最大値UP):幻夢空間5階層クリア

ディナーセット(宮本武蔵の専用武器ではないかと・・・):幻夢空間クリア

宝珠Lv2(刀弾きを防ぐ中効果):第4ステージ超速勝利


 それでは失礼いたします。

|

« 顔テクスチャをさわってみる OBLIVIONよりAriona様通信84 | トップページ | Barthel Gernand氏が錯乱していた オブリビオンよりAriona様通信85 »

PS,PS2,PS3,PS4」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/40343547

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼武者無頼伝 雑賀孫市ストーリーモード1:

« 顔テクスチャをさわってみる OBLIVIONよりAriona様通信84 | トップページ | Barthel Gernand氏が錯乱していた オブリビオンよりAriona様通信85 »