« 肌の質感設定覚書 oblivionよりAriona様通信163 | トップページ | 音楽作業環境に関して考える。 »

2008年7月19日 (土)

「Barenziah女王の真実」発禁版2 昔のAriona様 オブリビオンよりAriona様通信164

 「Barenziah女王の真実」発禁版の販売先顧客情報入手を依頼されたAriona様であります。

 ゲーム oblivion(オブリビオン)内で旅されているAriona様と、Ariona様のマスターuWaaa様のお話であります。(とても痛い内容は自分用のゲーム進行覚書です。本当に覚書となってるのかな?)

 Ariona「夜半を過ぎてから『First Edition』に忍び込んで、地下室と1階店内を調べたけれども、販売先顧客名簿は見つからなかった。とりあえず『Barenziah女王の真実』検閲済み版を見つけたから、在庫から1~5巻を手に入れた。」

 Ariona「再度、忍び込む前に『Barenziah女王の真実』検閲済み版を読んで、時間をつぶそうと思う。」
2008070701

 『First Edition』に再侵入を試みられるのは良いのですが、在庫が減っているのを不審に思われて警備が強化されることはないのでしょうか。

 失礼いたします。

|

« 肌の質感設定覚書 oblivionよりAriona様通信163 | トップページ | 音楽作業環境に関して考える。 »

RPG」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/41905161

この記事へのトラックバック一覧です: 「Barenziah女王の真実」発禁版2 昔のAriona様 オブリビオンよりAriona様通信164:

« 肌の質感設定覚書 oblivionよりAriona様通信163 | トップページ | 音楽作業環境に関して考える。 »