« 切捨てポーズアップロード oblivionよりAriona様通信204 | トップページ | 見かけた車(081013) »

2008年10月13日 (月)

CPUのオーバークロックを見直しました。

 『メモリを変更した + 涼しくなってきた』 のでCPUのオーバークロックをもう少し詳細に検討して設定しなおそうと思います。

 これまではC2D E8500を3.61GHz @ 1.21Vで駆動させてきました。

 CPUの箱を確認しますと、最大入力電圧は1.25Vと記載されております。ですので、1.24V入力に昇圧することにします。(クーラーはリファレンスのものをそのまま使用しておりますので、無茶することは避けます。)

 メモリには指定電圧をそのまま入力するように、取説に記載されておりましたので、これまでのAUTO設定から2.1V入力に変更します。

 さまざまなベンチで評価した結果、手持ちのソフトでは3DMark06が最もクリティカルである結果になりましたので、このソフトで限界を確認することにします。

 結果:FSBベースクロックが398でエラー発生、397ではエラー発生なし。

 『デジタル部のマージンは1%!』と自分勝手に判断して、FSBベースクロックは393に設定しました。(これまでの3.61GHz駆動から、3.73GHz駆動に変更しました。メモリクロックは1013MHz駆動から1047MHz駆動になりました。)

 PCのメモリをDDR2-1066タイプに変更しました。の時の評価結果と比較して、

・スーパーπ419万桁 1分15秒 → 1分12秒
・HDbench トータルスコア 99246 → 102263
・PCMark05 スコア 9788 → 9911
・3DMark06 スコア 16217 → 16507
・整数メモリバンド幅 7110MB/s → 7964MB/s
・浮動少数メモリバンド幅 7693MB/s → 7973MB/s

 のように若干ながら性能向上が認められました。とりあえず今のところ、問題なく動作しているようです。

 失礼いたします。

|

« 切捨てポーズアップロード oblivionよりAriona様通信204 | トップページ | 見かけた車(081013) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/42733458

この記事へのトラックバック一覧です: CPUのオーバークロックを見直しました。:

« 切捨てポーズアップロード oblivionよりAriona様通信204 | トップページ | 見かけた車(081013) »