« 見かけた車(20081009) | トップページ | 切捨てポーズアップロード oblivionよりAriona様通信204 »

2008年10月10日 (金)

PCのメモリをDDR2-1066タイプに変更しました。

 PCのメモリをDDR2-800の1GB 4枚から、DDR2-1066の2GB 2枚に変更しました。

C2D E8500を3.61GHzにOCして使っております。メモリの変更によって、メモリクロックは761MHzから1013MHzで使えるようになりました。

 しかもノーブランド品からブランド品(Patriot memory)に変更することで、Latencyも6-6-6-18から5-5-5-12に短縮されました。
 単純に数字だけで計算するとActiveコマンドが発行されてから、次のActiveコマンドが発行されるまでの時間が31.5ns( 761MHz @ 24clock)から、16.8ns( 1013MHz @ 17clock)に短縮されたことになります。

いくつかのソフトでベンチ測定してみました。

 スーパーπの419万桁計算が1分18秒から1分15秒に短縮されました。

 PCMark05のトータル測定結果は9361から9788に向上しました。

 Sandra Lite での測定結果は
 ・メモリLatency(ns)     : 92ns → 78ns
 ・整数メモリバンド幅    : 6775MB/s → 7110MB/s
 ・浮動少数メモリバンド幅 : 6772MB/s → 7693MB/s
 に性能向上した結果が得られました。

 失礼いたします。

|

« 見かけた車(20081009) | トップページ | 切捨てポーズアップロード oblivionよりAriona様通信204 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/42724435

この記事へのトラックバック一覧です: PCのメモリをDDR2-1066タイプに変更しました。:

« 見かけた車(20081009) | トップページ | 切捨てポーズアップロード oblivionよりAriona様通信204 »