« biohazard DEGENERATIONのDVD発売が決まっているのですね。 | トップページ | 素手モーションも変えることにする。 oblivionよりAriona様通信206 »

2008年11月10日 (月)

自分の作業用モニターを変更しました。

 お気に入りのCRTモニターの調子がいまいち悪くて、液晶モニターRDT1714VMを仮で使っておりましたが、机上を整理してRDT222WMに変更しました。

 画質は17インチのアナログ入力とはいえ、やはりダイヤモンドトロン管のCRTモニターがお気に入りでした。(1600*1200まで扱うこともできましたし。なんといっても黒側の諧調表現が豊かで、ピーク輝度側もつぶれないのにきらめき感を表現しておりましたから。)

 RDT1714VMは高輝度側の信号諧調処理がつぶれやすく、HDR処理されたゲーム画面や自然写真画像を扱おうとすると、高輝度側諧調がなくなってつぶれてしまい、どう調整しようとも納得いきませんでした。テキスト画面など諧調表現力を必要としない業務書類を扱う目的に使うだけならば、文句はないのですが。

 RDT222WMは信号諧調表現は豊かです。DVI入力にて
・コントラスト設定:標準
・ブライトネス設定:12%
・黒レベル設定:35%
に設定しました。HDR処理されたゲーム画面の高輝度諧調側もつぶれにくく、標準では浮き気味の黒レベルも、けっこう締まった感じになりました。

 アナログRGB入力にはMac OS9.2.2機、Xbox360、あるいはビデオアップコンバータによるS-Video信号を接続するようにしました。Mac OS9.2.2機の画質は出力画素をdot by dot(1680*1050)に設定しても少しぼやけ気味です。ビデオボードのD/Aの性能ではないかと思います。画質設定は上記設定に加えてシャープネス設定を60%に設定しました。(DVI出力画質と比較してしまいますから、なおさら目立つのかもしれません。)

 HDMI入力にはPS3を接続するようにしました。PS3側での出力設定は1080Pに自動設定されました。画質設定はDVI入力と同様に設定しました。(少しMGS4をプレイして、音声、画像ともに特に大きな違和感がないことを確認しました。)


 モニター変更に伴う大きなメリットは、MIDIデータ作成時やblenderデータ作成時の作業エリアが広くなったことです。とても使いやすくなりました。

 失礼いたします。

 

|

« biohazard DEGENERATIONのDVD発売が決まっているのですね。 | トップページ | 素手モーションも変えることにする。 oblivionよりAriona様通信206 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/43046695

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の作業用モニターを変更しました。:

« biohazard DEGENERATIONのDVD発売が決まっているのですね。 | トップページ | 素手モーションも変えることにする。 oblivionよりAriona様通信206 »