« 安定した環境を求めて oblivionよりAriona様通信230 | トップページ | 『激情版 エリートヤンキー三郎』を観てまいりました。 »

2009年3月10日 (火)

『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』を観てまいりました。

 『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』を観てまいりました。

 ゲームでの設定は踏襲されていませんが、独立した作品として力を抜いて観る分には、特に違和感を覚えることもありませんでした。(ゲーム設定にこだわると、・・・・過去に実写になった『ストリートファイター』・・・黒歴史・・・)

 感じたことを書き連ねると
・バルログ弱すぎっ!!(女刑事が実はバルログか?などと途中深読みしておりましたが、思いっきり外れました。)
・元っ!ナンちゃんに似てるっ!!
・バンコクの雑多な雰囲気が良かった。
・英語の他、中国、日本、ロシア、そしてタイの多くの言語が飛び交って、さらにごった煮な雰囲気が増して良かった。
・春日野さくらのショートオリジナルアニメは『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』本編後よりも前に上映してもらったほうが、全体の流れとしてすわりが良かったように思えた。
・吹き替え版でなくて良かったかも。
・主題歌はEXILE・・・・いやぁ、もう本当に勢いは止まらないですね。いい感じでした。

 失礼いたします。

|

« 安定した環境を求めて oblivionよりAriona様通信230 | トップページ | 『激情版 エリートヤンキー三郎』を観てまいりました。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/44303187

この記事へのトラックバック一覧です: 『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』を観てまいりました。:

« 安定した環境を求めて oblivionよりAriona様通信230 | トップページ | 『激情版 エリートヤンキー三郎』を観てまいりました。 »