« CPU温度を測ってみたら・・・ | トップページ | uGridsToLoad値を変えてメモリ使用量を測定する。 oblivionよりAriona様通信232 »

2009年3月29日 (日)

VRAMサイズを大きくするメリット(AA解除をほぼ回避できる。) オブリビオンよりAriona様通信231

 GTX285 VRAM 2GB環境にて検討中のuWaaa様でございます。ぐだっとした覚書だそうでございます。

 ゲーム oblivion(オブリビオン)内で旅されているAriona様と、Ariona様のマスターuWaaa様のお話であります。(とても痛い内容は自分用のゲーム進行覚書です。本当に覚書となってるのかな?)

 uWaaa「1680*1050表示サイズの環境で、AAX8、AFX8でプレイしながらRiva Tuner読みでVRAM使用量が1024MBをオーバーしても、AA解除されることはなくなった。FPSも20後半から60(V-Sync固定のため)をキープしている。単体使用でもGTX285にとっては余裕があるようじゃ。」

 uWaaa「しかし、テストプレイを継続していると、
・プレイ継続によるCTD発生は避けることができない。
・テクスチャ化けが発生する。
問題が確認されるようになった。」

 uWaaa「Riva Tunerでデータを取りながらテストプレイしていると、プレイ時間が経過するにつれて、物理メモリの使用量が増えていき、1.8GBあたりまでoblivionが使用するようになると、CTDが発生している。おそらく32bitアプリの占有メモリ限界:2GBに抵触しているものと考えられる。」

 (高画質テクスチャ、各種MODによるNPCの追加による街道筋の大混雑、MMM他多数湧きクリーチャーと動物の追加、そして戦いの後に残る無数の屍達、これらのオブジェクトを構成するデータ、AIなど、MODによってVanilla状態とは比べ物にならないほどのデータを処理する必要が生じてしまっているのでしょう。コンシューマゲームではハードの制約と出せる性能を考慮しながら、画質設定や敵湧量、オブジェクト数、処理数を決定しているのでしょうが、MODによって変更されたPCゲームはそのあたりの考慮はしていませんので、使う側が判断しながら環境を構築するしかないです。)

 uWaaa「2番目の不具合『テクスチャ化けが発生する。』原因は、どうもVRAMメモリ開放MODが関係しているようじゃ。現在メモリ開放MODとして『HTF pcb extend』を使用しておるが、上記のように物理メモリ使用量が限界に近い時にVRAMメモリ開放が強制的に発動するとテクスチャ化けが発生するようじゃ。」

 これからは物理メモリの限界対策(3GB ENABLERとメモリ削減設定の両面から検討)と、メモリ開放MODに関して検討されるようでございます。

 最後にNVIDIAコントロールパネル設定を変えながら、物理メモリとVRAM使用量を測定しました。(OBLI起動間に物理メモリ使用量が細くピーク状に変化しているのは、メモリクリーナを使用したためです。以下の波形ピークとは台形状のピークを指します。)
2009032101
 一番左の波形ピーク設定は初期設定として
・画面サイズ:1680X1050、AAX2、AFなし、ミップマップオフ、トランスペアレンシーオフ 
 に設定しました。物理メモリ使用量1631MB、VRAM使用量785MBです。
・次の波形ピークは初期設定からAAのみをX16に設定しました。物理メモリ使用量1569MB、VRAM使用量914MBです。(物理メモリ使用量には影響せず、VRAM使用量のみが増加しています。AA処理はGPU部のみで閉じていることがわかります。)
・次の波形ピークは初期設定からAFのみをX16に設定しました。物理メモリ使用量1547MB、VRAM使用量773MBです。(物理メモリにもVRAMにも大きな影響はなさそうです。)
・次の波形ピークは初期設定からミップマップをトリリニア設定にしました。物理メモリ使用量1545MB、VRAM使用量785MBです。(物理メモリにもVRAMにも大きな影響はなさそうです。)
・次の波形ピークは初期設定からトランスペアレンシーをスーパーサンプリング設定にしました。物理メモリ使用量1539MB、VRAM使用量785MBです。(物理メモリにもVRAMにも大きな影響はなさそうです。)
・次の波形ピークはAAX16、AFX16、ミップマップトリリニア設定、
トランスペアレンシーをスーパーサンプリング設定にしました。物理メモリ使用量1522MB、VRAM使用量896MBです。(VRAM使用量が増加しているのは、AA設定に依存しているだけと考えられます。)
・最後の波形は今後プレイ予定の設定としてAAX8、AFX8、ミップマップバイリニア設定、トランスペアレンシーをマルチサンプリングに設定しました。物理メモリ使用量1509MB、VRAM使用量884MBです。

 最後の設定(あるいはAAX16設定)でプレイを続けると、VRAM使用量が1024MBをオーバーするようになりますが、AAが解除されることはありません。
 ですので、VRAMを1GB品から2GB品に変更することは、『プレイ感(あるいはFPS値)が納得できる限りAAを強くかけてプレイしても、VRAMあふれによるAA解除を回避することができるようになる。』というメリットがあると考えています。

 失礼いたします。



|

« CPU温度を測ってみたら・・・ | トップページ | uGridsToLoad値を変えてメモリ使用量を測定する。 oblivionよりAriona様通信232 »

RPG」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/44496214

この記事へのトラックバック一覧です: VRAMサイズを大きくするメリット(AA解除をほぼ回避できる。) オブリビオンよりAriona様通信231:

« CPU温度を測ってみたら・・・ | トップページ | uGridsToLoad値を変えてメモリ使用量を測定する。 oblivionよりAriona様通信232 »