« 『Overlord』魔王プレイ覚書11 人の姿をした悪魔となった。 | トップページ | Sachi、Woyuuと合流 (コンパニオン追従距離設定修正覚書)oblivionよりAriona様通信246 »

2009年6月 4日 (木)

ブルースクリーンエラーの原因はメモリ電圧設定でした。

・『OVERLORD』をプレイしていると時々、ブルースクリーンエラーでアプリ落ちする。
・『OBLIVION』をプレイすると、ほぼ即テクスチャがとんでもない(しゃれにならないとんでもなさです。)状態になったり、ブルースクリーンエラーによるアプリ落ちする。

 ようになりました。「すわっ!グラフィックボードの不具合かっ!」と、手持ちの別のカードに替えました。・・・同じ症状が発生します。(グラフィックボードでないことがわかり、少し安心。)

 となると、「メモリかな?」とmemtest86+-V2.11のisoファイルをDVD decrypterで焼いてテストしてみました。・・・・んーー・・・ぅわあぁぁぁ・・・エラーがいっぱいっ!!

 よくよく考えると、上記エラー症状が出始める前に、「電圧、けちってもいいよね。」などと勝手に判断して、2.1V設定推奨のDDR2-1066メモリの電圧を1.8Vに設定し直したことを思い出しました。

 で、電圧設定を2.1Vに戻してみると、memtestでエラーは出ません。もちろん首記のブルースクリーンエラーによるアプリ落ちやテクスチャエラーも発生しなくなりました。全ては自分由来のエラーでありました。

 最後にグラフィックボードを元に戻して、ついでにドライバをGeForce Driver 185.85に更新しました。

 (原因はわかったものの、これからの季節を考慮して、メモリクロックは800MHz強で使い、電源電圧は1.9V程度を供給することにしました。)
 追記:結局メモリクロックは1GHz弱のOC動作させて、電源電圧を2.1Vで駆動させ、メモリを冷やすために

を使用して、運用しています。

 最近、メモリ電圧に関して記載されている『 らいっちのPC奮闘記 』様にトラックバックさせていただきます。
 さらに『OBLIVION、ブルースクリーンエラー』の単語を最近記載されている、『OBLIVIONプレイ日記~Darker than Darkness~』様にもトラックバックさせていただきます。

 失礼いたします。

|

« 『Overlord』魔王プレイ覚書11 人の姿をした悪魔となった。 | トップページ | Sachi、Woyuuと合流 (コンパニオン追従距離設定修正覚書)oblivionよりAriona様通信246 »

RPG」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/44986905

この記事へのトラックバック一覧です: ブルースクリーンエラーの原因はメモリ電圧設定でした。:

« 『Overlord』魔王プレイ覚書11 人の姿をした悪魔となった。 | トップページ | Sachi、Woyuuと合流 (コンパニオン追従距離設定修正覚書)oblivionよりAriona様通信246 »