« 忙しいとほんと、ろくなこと考えない・・・先にあやまっとこ。 | トップページ | その闇に触れてしまったのだったりして »

2009年11月18日 (水)

テストプレイでお茶を濁していたら、安定してきたような気がします オブリビオンよりAriona様通信296

 リアル世界で最近忙しそうなuWaaa様、テストプレイでお茶を濁しておられるようです。

 ゲーム oblivion(オブリビオン)内で旅されているAriona様そしてSachi様と、マスターuWaaa様のお話であります。(とても痛い内容は自分用のゲーム進行覚書です。本当に覚書となってるのかな?)

 uWaaa「なんか忙しいので、テストプレイばかりじゃ。」

 覚書
 試してみること:ブログ『Oblivion Clarity』様やブログ『blauen Himmels』様、そしてブログ『なるりびおん』様にて『Oblivion Stutter Remover 3 beta6』(以下OSR3.6と省略)の評判が良いので、自分のプレイ環境にも適用してみる。

・まず何も考えずに、Data\OBSE\PluginsにOSR3.6を導入。

・案の定、OBLIVION内のテキストドキュメントsr_Oblivion_Stutter_Removerに『OBSE version too old (got 0000000E expected at least 0000000F)』と記述され、動作せず。

・覚悟を決めてOBSEを0014aから0016へ進めることにする。
 参考覚書
 過去、自分のプレイ環境ではOBSE0016とPurge Cell Buffer Modと(おそらくweOCPS)の相性が悪く、セル移動してAutoSaveする時にCTDが必ず発生しておりました。現在のプレイ環境では、セル移動後のAutoSave時CTDの可能性を排除するために、このAutoSaveはOFFにしております。ですので、あまり悩むことなくOBSEのバージョンを進めることにしました。(OBSE0015以降セーブデータにOBSEファイルが付随するようになる仕様は、あまり好きではないのですが・・・。)

・Oblivionを一度起動すると、Data\OBSE\PluginsにOSR3.6のiniファイルが作成される。上記のブログに記載された先人の知恵を拝借しながら、設定を検討する。

 1、iHeapMode:プレイ時に不具合が発生しないようなら、デフォルトの0から1に設定してプレイするとバニラよりも効率良い Memory Allocation/Memory Table Managemen処理でメモリ管理してくれる模様。(Obli.exeのメモリ管理を効率の良いものに置き換えることで、32bitアプリによる物理メモリ使用限界CTD発生を遅らせてくれそう。ブログ『Oblivion Clarity』様、ブログ『blauen Himmels』様を参考にしました。)
 2、iSleepExtra:-1に設定した。(デフォルトの5ですと、メインスレッドをスリープさせることで敵の挙動がおかしくなるとの情報がありました。ブログ『blauen Himmels』様、ブログ『なるりびおん』様を参考にさせていただきました。)

 (その他:ブログ『blauen Himmels』様ではマルチスレッド処理の安全性を考慮してiCriticalSectionSupressionの値を1から0にしておられますが、自分の環境では設定値を1のままにしておいたほうがOblivionテストプレイで安定しておりました。)

 OSR3.6を導入することで、屋外でのCTDするまでの移動距離が2倍程度までアップしました。
 ダンジョン探索や屋内への移動でメモリ開放をところどころに挟んでテストプレイすると、CTDするよりも前に、テストプレイに飽きてしまい、ほとんどCTDに遭遇することもないほど安定を得られるようになりました。
 OSR3に関して記述があるブログ『Oblivion Clarity』様、そしてブログ『なるりびおん』様の該当ページにトラックバックいたします。有用な情報を本当にありがとうございます。ネットの片隅から感謝いたします。

 
 追加覚書
 より安定した環境にならないかと、ついでに『weOCPS_2009_03_28』を導入した。(自分の環境では上記に記載したように、OBSE0016+AutoSave ON設定との相性が非常に悪かったのですが、AutoSaveをOff設定にしたこともあって、再導入を試みました。)
 
 結果
 テストプレイでは特に悪影響は認められないため、適用を継続することにする。(テストプレイでは1度だけCTDを防いでくれた時のサウンドを聞きました。頻繁な効果はないものの、現状のプレイ環境では悪影響もないため、使ってみることにいたします。)

 uWaaa「OSRもweOCPSも、espファイルを増やすことなく安定プレイ環境を提供してくれて、ありがたいことじゃの。」

 ゲームプレイをする時間がないuWaaa様はBlenderのフリー素材で遊んでみることにされるようでございます。

 失礼いたします。

|

« 忙しいとほんと、ろくなこと考えない・・・先にあやまっとこ。 | トップページ | その闇に触れてしまったのだったりして »

RPG」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/46657461

この記事へのトラックバック一覧です: テストプレイでお茶を濁していたら、安定してきたような気がします オブリビオンよりAriona様通信296:

« 忙しいとほんと、ろくなこと考えない・・・先にあやまっとこ。 | トップページ | その闇に触れてしまったのだったりして »