« 新STEP WGN SPADAのCM・・・ | トップページ | あぁー病んでいるな。 »

2009年11月 1日 (日)

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』を観てまいりました。

 キング・オブ・ポップ『マイケル・ジャクソン』という輝ける星に集った、数々の才能とプロフェッショナル魂がスパークしていました。

 リハ段階で、巨額な費用が発生していると容易に想像できますが、MJとそのスタッフ達が到達しようとしていた時空間を実現するには当然必要不可欠でしたでしょうね。一方でそのクリエイティブなイベントに参加している、貢献する・・・その瞬間、瞬間に立ち会える栄誉だけで良いというスタッフもいたかもしれません。

 納得120%だったのは、照明、音響クルーのプロフェッショナルさと、演奏メンバーのプロフェッショナルさでした。MJのクオリティアップの指示、提案にリアルタイムで解釈、プレイ、逆提案していく姿に、一流のプロフェッショナル達が紡ぎ上げていく作品の姿を見ました。(それが完成品として公開されなかったことはつくづく残念なことであります。)
 作品内でスタッフが語っていましたが、『MJが要求するアウトプット開始地点はリリースされた音源のリアルタイムな再現、そこからスタートして、全てを把握しているMJはさらに完全を目指していく。』・・・と。(かなり自分自身の勝手な解釈が入っているかもしれません。先に謝罪しておきます。・・・・ぅわぁぁぁん、ごめんなさいっ。)その過程がこのフィルムで良く感じることができました。MJの謙虚でありながらも、確固たる信念で完成に近づけていく姿が印象的でした。
 リハの段階でアウトプットされているサウンドはリリース音源を凌駕していると感じました。それを最も強く感じたのは『今夜はビートイット』のエディ・ヴァンヘイレンのギターソロパート部の音を聞いた時です。他の曲のギターサウンド完成度も非常に高かったのですが、若干24歳南オーストラリア出身の美形リードギタリスト、オリアンティ・パナガリス嬢(ギリシャ系を感じさせるFamily Nameですね。)のギターから出力される音はインパクトがあるものでした。(・・・えっ?美形に惹かれたんだろって?・・・それも有りますっ!)
Orianthi Profile
http://www.myspace.com/orianthi

 最近『THIS IS IT』に関して記載されている『大江戸時夫の東京温度』の記事
スゴイぞ、「THIS IS IT」!
にトラックバックさせていただきます。

 日付が変わって、今日は日曜日で11月1日、映画1000円の日・・・・、込みそうですね。
 ややっ。上映期間が2週間延長されたのですね。めでたいこってす。

 失礼いたします。

|

« 新STEP WGN SPADAのCM・・・ | トップページ | あぁー病んでいるな。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/46627132

この記事へのトラックバック一覧です: 『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』を観てまいりました。:

» スゴイぞ、「THIS IS IT」! [大江戸時夫の東京温度]
10月28日から2週間限定公開の「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を [続きを読む]

受信: 2009年11月 1日 (日) 23時09分

« 新STEP WGN SPADAのCM・・・ | トップページ | あぁー病んでいるな。 »