« 休日クッキング覚書 | トップページ | 見かけた車(091207) »

2009年12月 4日 (金)

見かけた車(091203)

見かけた車(2009-12-03)

・初代ピアッツァを見かけました。
 白い車体の美しい個体でした。ヘッドライトが4灯でしたので、ピアッツァ・ネロかもしれないのですが、ネロですと黒ボディ+ピンストライプというイメージがあります。しかし、見かけたピアッツァにはどちらの特徴も該当しませんでしたので、ネロかどうかは特定はできませんでした。
 現在、とても美しいピアッツァを保有されているということは、この車を大事にしておられるオーナーだと思われ、そのようなオーナーですとヘッドライトも異形2灯から4灯に変更されたり、全塗装されたりしている可能性もあって、ベース年式やグレードは不明です。
 初代ピアッツァは初期の(記憶では)OHCエンジングレードのコックピットに座らせていただいたことがありますが、デジタルメータの美しさと、ステアリング左右に配置されたスイッチ群ユニットに感心したものでした。
 後ろの席はFRレイアウトにも関わらずけっこう広かったことを覚えています。後ろ席に座っていても、リアサイドウィンドウが広くて{個人的には(車格は違いますが)コルディアによく似た形状だと感じております。}、見晴らしが良かったことも覚えています。けれどもこの車は4人乗りだったのですね。今回調べてみて知りました。
 ジウジアーロのデザインしたこの初代ピアッツァはお気に入りの一台ですが、見かけるたびに思うのです。「あっ。マヨネーズが走ってる。」

・6代目 R30スカイライン前期型を見かけました。
 2000RSあるいは2000RSターボと思われる、赤黒ツートンの2ドア車でした。当時、FJ20エンジンDOHCエンジンの登場だけでもワクワクしましたのに、さらにターボまで取り付けられた、FJ20ETエンジンの登場には大変驚かされました。
 「西部警察」でも2000RSは大活躍していたそうですが、観ておりませんでした。{石原軍団のド派手な警察ドラマはなじめなかったもので・・・・「特捜最前線」派でした・・・。その後、「ゴリラ」を観ることもなく、希少な三菱車の活躍を観ることもなかったわけであります(『いすゞ』が車を提供していたら、かじりついて観ていたかもです。)
 話がそれてしまいましたが、カクカクしたデザインのR30スカイラインは大好きです。
 1985年から1993年の間に実施された全日本ツーリングカー選手権で初めてシリーズチャンピオンになった国産車がR30スカイライン(ただし後期型の鉄仮面顔でしたが)だったという記憶も、自分にとっては鮮烈に残っております。

・3代目 C10スカイライン(通称:ハコスカ)を見かけました。
 信号待ちをしている時に、目の前を通り過ぎて行きました。夜目でもわかる光沢を維持されたシルバーの車体が印象的でした。大事にされているのでしょうね。

 失礼いたします。

|

« 休日クッキング覚書 | トップページ | 見かけた車(091207) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/46922416

この記事へのトラックバック一覧です: 見かけた車(091203):

« 休日クッキング覚書 | トップページ | 見かけた車(091207) »