« 手持ちのCD類から音楽導入覚書 オブリビオンよりAriona様通信304 | トップページ | ATPテクスチャ覚書 oblivionよりAriona様通信305 »

2010年4月 8日 (木)

ダークサイド・クロニクルズ覚書

 しばらく『バイオハザード ダークサイド・クロニクルズ』をプレイしておりました。
2010040501



 根性がないので、EASYモード限定で各チャプター及び全構成要素がSランクになるまでプレイさせていただきました。


 気づいたこと、あるいは感じたこと

・アンブレラ・クロニクルズよりも主観視点画像がはげしく揺れます。この程度の揺れは個人的には平気なのですが、単なる警戒状態の時でさえ、周囲をきょろきょろし過ぎるのは、少し挙動不審すぎると感じました。(頭をあまり動かさず、視線移動と聴覚をフル動員して周囲を警戒する動作を再現できませんので、仕方がないこととはいえ、リアル感をそがれます。)

・個人的には自動で移動していくガンシューティングゲームはアトラクションの乗り物に乗ってる感じがして、あまり好きではありません。
(『はい、このタイミングでハンドグレネードに持ち替えて、投げてくださいね。画面のこのあたりに狙いを定めておいてヘッドショットすると良いですよ。』といったプレイになりがちでお仕事感が漂いすぎてしまいますので・・・・。)

・なにしろボリュームが少なすぎる。特にオリジナルシナリオが短すぎます。しかもせっかく南米という設定にも関わらず、南米らしい密林ステージは皆無で、テクスチャ作成が楽なコンクリート壁ステージが多すぎです。しかも最後のラスボスがどでかい肉塊って『バイオ2』のシナリオラスボスや『ガンサバ4』のラスボスでもういやになるほど堪能済みですって。


・『Game of Oblivion』シナリオではクリスでもっとプレイさせて欲しかったです。
 コードベロニカをベースとするガンシューティング『ガンサバ2』では、『クリス兄ちゃん』が装備する無限リニアランチャーで爽快なプレイをしたものですから、今回もたっぷりとクリスを使おうと勘違いな期待をしておりました。(ロドリゴ氏のナイフプレイは私には無理でありました。)
2010040502 2010040503


・ボス戦の当たり判定が発生するタイミングがいまいちわかりにくく、無駄弾を使ってしまいがちになります。

・弾着タイミングとひるみモーションにタイムラグが認めらます。(『アンブレラ・クロニクルズ』の時はこのようなタイムラグは認められなかったのですが・・・。)

 失礼します。

|

« 手持ちのCD類から音楽導入覚書 オブリビオンよりAriona様通信304 | トップページ | ATPテクスチャ覚書 oblivionよりAriona様通信305 »

ゲーム」カテゴリの記事

バイオハザード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/48013001

この記事へのトラックバック一覧です: ダークサイド・クロニクルズ覚書:

« 手持ちのCD類から音楽導入覚書 オブリビオンよりAriona様通信304 | トップページ | ATPテクスチャ覚書 oblivionよりAriona様通信305 »