« FFXIV ベンチマークソフトをHighモードでも走らせてみました | トップページ | FF XIIサブイベント覚書1 »

2010年7月 1日 (木)

Stinger修正覚書 obliivonよりAriona様通信323

 uWaaa様はStingerの顔テクスチャ修正を実施されたようでございます。

 ゲーム oblivion(オブリビオン)内で旅されているAriona様そしてSachi様と、マスターuWaaa様のお話であります。(とても痛い内容は自分用のゲーム進行覚書です。本当に覚書となってるのかな?)

 uWaaa「コンパニオンStingerの顔データに関しては少しずつ修正を実施してきたが、どうしても顔テクスチャを修正が必要になった。」

 問題点
・無精ひげエリアが見た目のあごサイズをスポイルしている。(あごが貧弱に見えがち)
2010062501
(無精ひげの下端があごラインのように見えてしまい、エラの部分が目立たなくなってあごが貧弱に見える。)

・無精ひげがいまいち目だっていない。
・男性肌はもう少し荒くても良いのではないか。
2010062502
 (使用していたノーマルマップのアルファ情報:もともと女性用で唇だけがテカる用になっているだけで顔の凹凸も強調されず、つるつるお肌を目指しているだけになっている。)

・好感度が高い時の笑顔を抑制したい。
2010062503
(好感度が高い状態の笑顔は非常に締まりがありません。ノーマルマップの影響で唇がテカっていて、だめだめ感が増しています。)

 対策
・無精ひげエリアを広げる。
・無精ひげ部の明度を下げ、明瞭化処理を実施する。
・ノイズ情報を加えて、肌を荒くする。
・荒れたはだ表現と無精ひげ情報を強めにノーマルマップに含ませるようにする。
2010062504
(無精ひげエリアを広げ、凹凸感が出るようにした。)
2010062505
(ノイズ情報付加時設定覚書)
2010062506
(ノーマルマップ作成時設定:無精ひげ部分に凹凸感が出るように派手めに設定しました。)
2010062507
(作成しなおしたノーマルマップのアルファ情報)

・笑顔抑制のためにtriファイルを変更する。
2010062508

 加えて顔造形データを見直す。
2010062509

 いずれはボディテクスチャと顔テクスチャの整合性を改善されたいようでございます。

 失礼いたします。


|

« FFXIV ベンチマークソフトをHighモードでも走らせてみました | トップページ | FF XIIサブイベント覚書1 »

RPG」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/48760625

この記事へのトラックバック一覧です: Stinger修正覚書 obliivonよりAriona様通信323:

« FFXIV ベンチマークソフトをHighモードでも走らせてみました | トップページ | FF XIIサブイベント覚書1 »