« どこまで進めるかわからないけれど『悟りの道』覚書7 | トップページ | 牙狼(GARO) ~RED REQUIEM~を観てきました »

2010年10月31日 (日)

フニョンフニョンすればいいのだけど覚書2

フニョンフニョンすればいいのだけどやってみないとわからないよチラ裏2

・Rowはスキャン(フリッカ視認考慮、最近流行の4倍速あたりで240Hz、8倍に変更:1.92kHz)
・Clkが1.8434MHz:1.92kHzに近い値にするには1024分周して約1.8kHz。(1.8kHz/8=225Hz)

・とりあえず10bitのバイナリ・カウンタモジュール(bin_counter10)を作っておく。
・ターゲットデバイスはDigilent社のボードに乗っているXC2C256 TQ144にしておく。
2010102501
・文法チェック結果が『Process "Check Syntax" completed successfully』だったので、今日はおしまい。
・次は『ISE Simulator』を使ってみることにする。

 失礼します。

|

« どこまで進めるかわからないけれど『悟りの道』覚書7 | トップページ | 牙狼(GARO) ~RED REQUIEM~を観てきました »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/49899855

この記事へのトラックバック一覧です: フニョンフニョンすればいいのだけど覚書2:

« どこまで進めるかわからないけれど『悟りの道』覚書7 | トップページ | 牙狼(GARO) ~RED REQUIEM~を観てきました »