« セルフシャドウに関する適当な覚書1 オブリビオンよりAriona様通信332 | トップページ | どこまで進めるかわからないけれど『悟りの道』覚書8 »

2010年11月 5日 (金)

フニョンフニョンすればいいのだけど覚書3

フニョンフニョンすればいいのだけどやってみないとわからないよチラ裏3

・『ISE Simulator』を起動して、テストベンチを作る。
・Clkが1.8434MHzなので周期を542nsに設定。
2010103101
・1024分周した出力q_out(9)の出力を確認する。
2010103102
マーカー読みで周期は555.7us(1.799kHz)
・q_out(9)を後段ブロックに出力することにする。

 失礼します。

|

« セルフシャドウに関する適当な覚書1 オブリビオンよりAriona様通信332 | トップページ | どこまで進めるかわからないけれど『悟りの道』覚書8 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/49938474

この記事へのトラックバック一覧です: フニョンフニョンすればいいのだけど覚書3:

« セルフシャドウに関する適当な覚書1 オブリビオンよりAriona様通信332 | トップページ | どこまで進めるかわからないけれど『悟りの道』覚書8 »