« 少しずつ組み立て | トップページ | OSであせる »

2011年2月14日 (月)

少しずつ組み立て2

 家族PCリプレース用に組み立て中です。

 マザーボードに手持ちのCPU(C2D E8500)を乗せてからケースに収めます。オーバークロックの予定はありませんので、CPUクーラーは純正を使います。
 マザーボードはASRock P43Proを使いました。(PCI-Ex2.0とDDR3メモリに対応していて、USB3.0ポートを一つ装備しているという2010年夏にリリースされたマザーボードです。3年前のCPUをできるだけ支援してくれるのではないかと期待して導入しました。)


 電源接続は24ピン形状にして供給します。(20ピンのままではマザーボードからPCI-Exに供給する電力に制限がかかるようです。)CPU用そばの12Vラインは8ピン接続せずに4ピンで供給しました。(E8500をオーバークロックしない予定であることと、これまでもC2D E8シリーズには4ピン供給してきた経験で決めました。)

 メモリは

にしました。(さすがにこなれたパーツ群だとあまり相性にシビアでないことを期待しまして・・・。)

 グラフィックボードはPalitのGTX460 2GB品が余っていますので、これを使います。(OSがXPの予定ですので、もったいない性能かもしれませんね。)
 GTX460にKRPW-V560W電源ではきついかもしれませんが、記事『GeForce GTX 460に必要な電源を検証した 』を参考に使えそうと判断しました。

・CPUはi7 860 95Wに対して、C2D E8500 65Wをオーバークロックなしで使う。
・KRPW-V560Wの12Vラインは20A+20A 480WMaxで、上記記事の条件
12Vライン18A+18A・コンバイン350W以上、総容量500W以上の電源であること』を満たしていそう。
・マザーボードスペックも記事のASUS P7P55D-E EVO (Intel P55)よりもP43Proの方が消費電力は低いのじゃないかな。

 さらにKRPW-V560W電源+E8500+初期GTX260+(HDD*3)で動かせていましたので、大丈夫だと期待しています。(初期GTX260のTDPが182Wで、GTX460のTDPが150Wということですので、より軽負荷だと信じています。具合が悪そうなら・・・Palit GF9600GT 1GBボードを掘り出して適用する予定です。)

 組み終わって、スイッチを入れると、起動-シャットダウンを繰り返します。映像出力も出ていません。
 一旦、メモリを2GB一枚にして起動すると・・・・ばっちりです。BIOS設定画面に入ることができました。(この症状はAmazonのレビュー記事でも報告が認められます。)
 もう一度メモリを挿入しなおして起動すると・・・・問題なさそうです。

 失礼します。

 

|

« 少しずつ組み立て | トップページ | OSであせる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/50865139

この記事へのトラックバック一覧です: 少しずつ組み立て2:

« 少しずつ組み立て | トップページ | OSであせる »