« 普段もそこまで集中しろよ | トップページ | 開口率を利用してるのかな »

2011年3月 9日 (水)

少し残念ですね。

 『日立グローバルストレージテクノロジーズ』社がWestern Digital社へ売却されました。

日立のHDD部門「HGST」が売却決定、Western Digitalの傘下に /

WesternDigitalがHitachi GSTを43億ドルで買収する模様【3/8 追記】

 この数年は内蔵用に購入するHDDはHGST社製にしておりまして、6台程度購入しましたが、不具合も出ず、今後もHGST社製を使いたいと考えておりました。
 少し残念です。売却したほうが会社にとっては有益だったのでしょうね。
 なんだかんだあってもHDDのコストパフォーマンスと、容量から需要はうなぎのぼりのようですが、高コスト体質だとつらいのでしょうか。

落日のブルーレイディスク、変容する記録メディア

 次に内蔵HDDを購入する時はSeagate社とWD社から選ぶことになりそうです。

 失礼します。

|

« 普段もそこまで集中しろよ | トップページ | 開口率を利用してるのかな »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

会社でも話してましたよ~
一般的に安けりゃいいの結果ですね、
残念です(T o T)
ノート用にWestern DigitalもSeagateも使ってましたが日本メーカーって事でHGSTにしてたんです、
PCの不具合でHDDに影響が出てるのがわかって、もう買ってませんがULTRA ATAのHDDも少なくなりました。

投稿: | 2011年3月 9日 (水) 11時00分

コメントありがとうございます。
ぅわぁぁぁです。
ULTRA ATAインターフェースのHDDは容量の選択肢も少なくて困りますね。

投稿: | 2011年3月 9日 (水) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/51072030

この記事へのトラックバック一覧です: 少し残念ですね。:

« 普段もそこまで集中しろよ | トップページ | 開口率を利用してるのかな »