« ズボンなら簡単に処分できるのに | トップページ | 本日もお参りに »

2011年5月 6日 (金)

ご先祖様優先で

 インフルエンザや震災で、なかなか行けなかったお墓参りに行ってまいりました。子供の日なのにご先祖様参りいたしました。

 墓石が黄砂でかなり汚れておりました。

 お墓参りの作法に、お水を墓石にかけるというものがあります。

調べてみると、いろんな説ややり方がありまして、正解は??だなぁと思うわけです。箇条書きにしますと


・水をかけるのはご先祖様を早く五大要素の自然の流れに戻して上げる意味がある。
墓石の下のほうに気持ち程度に水をかけず、たっぷり墓石の上から水をかける。 (仏教の教えから、死後の世界の1つ「餓鬼道」で、なかなか水が飲めない餓鬼が、唯一お墓にかけたお水だけを飲めるという説をもとに、その餓鬼をあわれんで、お水を与えるために墓石に水をかける習慣が始まりとなっている。 )
・墓石のてっぺんから手桶のきれいなお水をかけて清める。
・お水のかけ方は、本来はいちばん上からではなく、中段からお水をおかけするのが正式のお墓参りの方法である。

・・・などなど。
 他には
・『墓石は苔や汚れを洗い落とす。清浄な水を供える器である水鉢は、丁寧に洗う。』と記載されているだけで、水をかける旨が記載されていない作法説明もあります。

 ちなみに我が家は最後の作法と同じで、墓石やお墓の敷地内を掃除し(草むしり、拭き掃除他)、水鉢もきれいにして、おいしい水を供えます。墓石のてっぺんから水をかけません。
 『ご先祖様の頭の上から水をかけるような失礼なことをしない。体を清拭するようにていねいに墓石を洗い清めること。生きている人がいやがるような扱いをせず、喜ぶような扱いをする。』という考え方が根底にあります。

 他に、お参りの後、墓石についた水分は極力拭き取ったほうが良いようですね。特に冬場は浸透した水が凍って墓石にダメージを与えてしまいますので。

 失礼します。

|

« ズボンなら簡単に処分できるのに | トップページ | 本日もお参りに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/51590374

この記事へのトラックバック一覧です: ご先祖様優先で:

« ズボンなら簡単に処分できるのに | トップページ | 本日もお参りに »