« 部屋をかたづけたくてカセットテープサウンド(201110の1) | トップページ | 戦慄を覚えるCM »

2011年10月11日 (火)

いろいろいただいてます。(追記6)

ブログネタ: 体によいもの、何か食べてる?参加数

 はい、適度な胡桃です。
(追記1)
 でん六の『塩バタピー』に無塩の胡桃を混ぜて、カロリー過多にならないように気をつけてよく噛んでいただく・・・・おいしいです。(粉塩じゃない、つぶ塩のバタピーおいしいです。落花生が中国産なのが気になりますが・・・・。)
 亀田製菓の期間限定 柿の種(ソルト&ペッパー)もおいしいっす。食べ過ぎないようにするのがつらいっす。
2011071601


 はい、適度なチーズです。
 はい、適度なチョコレートです。
 はい、適度なブドウ糖です。(・・・これは食べてるというか摂取しているというか。)
(追記5)
 脳への栄養は大事です。脳が健康でないと、体の制御がうまくいかなくなったり、免疫力も低下したり、精神的にも病みがちになったりと、いいことはありません。脳はブドウ糖しかエネルギーにできない上に、ひたすら消費するだけなので(一日に120g程度を要求するらしいです。)、低GI食品をベースに炭水化物を摂取して細く長く脳に栄養を与えるのが一番良いようです。
 ・・・とはいうものの、寝起きや空腹時に頭をはっきりさせたいときに血糖ブーストするために私はブドウ糖タブレットをちょこっといただきます。溶け具合が最も気に入っているのは大丸本舗さんの商品です。{塩入は夏限定なのでしょうか。ボトルタイプは、通常の18粒入り袋タイプと違って一粒が2.0gと量を抑え気味(袋入りは一粒3.0g)なところが気に入ってます。}
2011090301
 ただし、ブドウ糖は非常に吸収が良くて、激しく血糖値があがりますので、一度にたくさん摂取することは禁物です。血糖値が高めの人は避けた方が良さそうです。(さいわい自分は血糖値には今のところ特に問題がありませんので、少しいただいているのであります。)・・・・またまたとはいうものの、糖尿病の方で上がり気味の血糖を、下げるために使用したインシュリンが低血糖を引き起こしてしまった時には低血糖対策のためにブドウ糖を準備しておられる方もいるようです。ほんとに厄介な病気ですね。


 はい、適度なアミノ酸です。(・・・これも食べているというか摂取しているというか。)
(追記6)
 
食後1.5時間から2時間くらい経過して、血糖値が安定した頃に体を動かすのですが、体を動かす30分くらい前にアミノ酸を摂ります。(アミノ酸の血中濃度は変化するとか、厳密に管理されていて一定値を維持するなど、さまざまな情報がありますが、脂肪燃焼促進を
目的としてカプシ入りタイプを摂ります。)
 体を動かした後も極力直後に疲労回復、修復を目的として摂取します。
2011091501
 脂肪燃焼促進効果はよくわからないのですが、疲労蓄積の抑制効果は大きいように私には感じられます。

(追記4)
 Kabayaのタブレット3点セット、タブレットは飴やキャンディより口どけが早いのが良いです。しかも味以外に口どけ感がそれぞれに違って好きなのです。サプリメント効果はあまり期待できないと思うのですが、疲れたときに一粒、口に放り込むと、『すぐに溶けて、吸収されてるぅ』感で満足です。
2011081201
アミノ酸:パイン風味です。溶けるのに少し時間がかかります。体の組成バランス改善にほんの少しでも寄与されるといいな。

ブドウ糖:レモン風味です。口どけはサラッと溶けてくれます。寝起きや疲れたときに一粒口に入れるとさわやかな気持ちになります。甘味がいつまでも尾をひかない点も自分にはありがたいです。(ブドウ糖のような単糖類は粘つかず歯にへばりつきにくいことから、歯に悪影響を与えにくいらしいです。)

塩分チャージ:グレープフルーツ風味です。これにはブドウ糖以外に砂糖、水飴などが入っているのと、食塩の含有量が多いので、たくさんいただくのは控えています。
2011081203
(このくらい塩を噴いてしまったときはいいかも・・・)ブドウ糖とそれ以外の部分の溶け方の違いが楽しめます。

 いずれもたくさん摂取するといいことがなさそうですので、少しずついただいてます。口の中で溶かしながら、豆乳を飲んだりするとこれまたおいしかったり、溶け方が楽しめたり・・・・。

 はい、四季柑果汁です。
(追記2)
 沖縄バヤリースの四季柑果汁です。
2011080101
2011080102
 まるで絵の具を溶かした水のように濁りのある濃い黄色に激しく惹かれました。酸味に加えて、渋味というかえぐみというか苦味というか野性味あふれる味わいが好きです。(ペプシコーラNEXを買ってきて、この果汁を加えて飲むのがマイブームです。ウィスキーにもよく合います。)
 多量のクエン酸に加えて、強力な抗酸化作用のある柑橘類由来のフラボノイド類が多く含まれているようです。
2011080103
ヘスペリジンはビタミンPとも呼ばれるようです。毛細血管を強くしたり、ビタミンCの吸収を助けることで、コラーゲン生成を助けることになるらしいです。



 はい、豆乳です。
 はい、シジミの味噌汁です。

 野菜も、さまざまな形態で食べております。
 あと、豆類は欠かせません。
(追記3)
 そして脂肪のエネルギー代謝を多少助けてくれるのではないかと期待して、『L-カルニチン』を摂っています。(α-リポ酸とコエンザイムQ10も成分に含まれているものにしました。厚生労働省からの通知に従ってコエンザイムQ10の摂取量は1日30mgになるような服用量が推奨記載されています。)
2011080301
 でもこれも、服用しているだけでは駄目ですね。基礎代謝の高い体を作って、余分なカロリー摂取を抑制し、体に溜め込んだ脂肪をエネルギーとして使わなくてはならない状態に追い込んだ時にサポートしてくれるものですから。

 なんにしろ、『適度にいただく』ことが大切ですよね。

 失礼します。

|

« 部屋をかたづけたくてカセットテープサウンド(201110の1) | トップページ | 戦慄を覚えるCM »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/52309561

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろいただいてます。(追記6):

« 部屋をかたづけたくてカセットテープサウンド(201110の1) | トップページ | 戦慄を覚えるCM »