« 最近『すれ違い』通信がハンパ無い | トップページ | 途中で停滞していたからかな »

2012年1月10日 (火)

GARO ~MAKAISENKI~とか 呀<KIBA>~暗黒騎士鎧伝~とか

 GARO 牙狼 ~MAKAISENKI~ シリーズ後半上映始まりました。

 懐かしいキャラクターが舞台に立ち、そして新たなキャラクターが登場し始めます。絆を強く感じさせるエピソードが、ファン達の涙を誘っていました。(記事『牙狼(GARO) ~RED REQUIEM~を観てきました』で記載したのと同様に、エグエグしているファンの方々を見かけました。)

 個人的にはTVシリーズ『暗黒魔戒騎士篇』、劇場版『RED REQUIEM』で示されていた冴島鋼牙の体の大きな傷にも言及されていたことにマニア心をくすぐられました。(傷のできた経緯は小説版 暗黒魔戒騎士篇で描かれています。)


リリースから時間が経っていますが・・・呀<KIBA>~暗黒騎士鎧伝~についても少々


 amazonのカスタマーレビューには辛口批評が多いです。確かに私もそう感じています。ファンアイテムの一つですね。
 表現や、映像に関しては特に問題を私は感じていないのです。ただ、レビューでも多く指摘されているように、小説版『牙狼 暗黒魔戒騎士篇』ではバラゴの生い立ち、冴島家との関わりなどが非常に違和感無く描かれていたため、本作品での小説版との齟齬が目立つ点に納得のいかないものを強く感じました。

 上映時 来場記念ポストカード
2012010401
斧、剣など獲物を使い分けて戦う点が他の魔戒騎士とは違いますね。・・・って、すでに暗黒騎士なので、魔戒騎士とは違いますが・・・。

 余計ですが、録画した『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』でのオビ=ワンとアナキンの関係を観ていたりしますと、大河とバラゴの関係(師匠と弟子の進む道がずれてしまう様)も同時に思い至らせます。

 失礼します。

|

« 最近『すれ違い』通信がハンパ無い | トップページ | 途中で停滞していたからかな »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/53462046

この記事へのトラックバック一覧です: GARO ~MAKAISENKI~とか 呀<KIBA>~暗黒騎士鎧伝~とか:

« 最近『すれ違い』通信がハンパ無い | トップページ | 途中で停滞していたからかな »