« 渋滞解消術のようになものが、経済にもあれば良いのに | トップページ | とてもドキドキすること。(女医さんとの濃密なひととき) »

2012年5月27日 (日)

BIOHAZARD REVELATIONS 覚書3

 NINTENDO 3DSの『BIOHAZARD REVELATIONS』の適当な覚書とか諸々3。

 少し感想
『メタルギア』シリーズのスネークも猛者なんですが、『BIOHAZARD』シリーズの登場人物のタフさったら、すさまじいですね。ジルなんて、TウィルスもTアビスウィルスもワクチン接種済み・・・・。バイオ5までの間、ウェスカーのもとで薬物漬け・・・・超人化してそう・・・。


適当な覚書3

エピソード3:テラグリジア1。最初はホール、最後はシャッター前、ショットガンを拾ったら戦わず倉庫部屋へ

エピソード3:船内。ホールに出たらプロムナードへ行く前に、プールの水の浄化装置を動作させておく。

エピソード4:食堂の『鉄錨の鍵』を使う部屋や、プールの水の浄化後に行けるようになるエリアの武器、弾薬類はあとでパーカー単独行動の時に使う。

エピソード5:墜落現場。一番奥の左隅を目指して一直線に走って行き、陣取ります。リロードに注意しながら、近くのファルファレロにはショットガン、遠くのファルファレロにはアサルトライフル。時々ファルファレロが墜落機に引っ掛かって近づいてこないのがありがたい。ファルファレロを殲滅した後は、各所に落ちているアイテム類を確保してから、エピソードを終わらせる。

 失礼します。

|

« 渋滞解消術のようになものが、経済にもあれば良いのに | トップページ | とてもドキドキすること。(女医さんとの濃密なひととき) »

DS」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

バイオハザード」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/54648742

この記事へのトラックバック一覧です: BIOHAZARD REVELATIONS 覚書3:

« 渋滞解消術のようになものが、経済にもあれば良いのに | トップページ | とてもドキドキすること。(女医さんとの濃密なひととき) »