« 改善したいから3 献血覚書1 | トップページ | BIOHAZARD REVELATIONS 覚書4 »

2012年6月 3日 (日)

部屋をかたづけたくてカセットテープサウンド(201206の1)

SONY BHF 46に録音されていた70年代後半から80年代前半の曲群をPCに録音しました。

Audacityでテープヒスノイズプロファイルを取得して、ノイズ除去、そして正規化してやります。(ほとんど正規化する必要がなさそうでしたので、先にノイズ除去を施しました。)

・・・で、曲群は
『Summer Suspicion』
『I'm a lady tiger』
『ごめんね Darling』
『恋人がサンタクロース』(『恋人はサンタクロース』といっつも間違えてしまいます。)
『Vanity Factory』(曲の提供も、コーラス担当も沢田研二氏なのですね。)

『ライブ~ 夏は過ぎて』
『ライブ~ ひとり咲き』
『眠ったハートに火をつけて』
『スクールベルを鳴らせ!』
『She's so delicate』

・・・で、このテープ、上記の曲が録音されるまでは何が録音されていたかと申しますと・・・・東映映画『二百三高地』のオリジナル・サウンドトラック・アルバム 交響詩『挽歌』であります。はい、『○○は死にますか~?』こと『防人の詩』が主題歌ですね。シングル版と映画版では編曲者が異なるのですね。

 失礼します。

|

« 改善したいから3 献血覚書1 | トップページ | BIOHAZARD REVELATIONS 覚書4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/54868986

この記事へのトラックバック一覧です: 部屋をかたづけたくてカセットテープサウンド(201206の1):

« 改善したいから3 献血覚書1 | トップページ | BIOHAZARD REVELATIONS 覚書4 »