« 缶コーヒーのBlackを受け入れられるようになりました。 | トップページ | 振るの?振らないの? »

2013年8月 8日 (木)

『レイトン教授VS逆転裁判』終わりました。(追記2013/08/11)

ニンテンドー3DSのソフト『レイトン教授VS逆転裁判』をプレイし終わりました。

プレイ時間は約32時間程度でした。

コラボとして良くできていたとは思います。
あと想像していた以上に動画が多かったですね。
このぐらいの大風呂敷を広げた設定は悪くなかったと思います。それに個人的にパズルゲームはめったにプレイしませんので、新鮮味を持ってプレイさせていただきました。

 ただ、一本道の手順に沿った選択をしないと進まないシナリオにはイラっとします。『逆転裁判4』や『逆転検事』シリーズあたりから、テンポの良いシナリオ展開が少なくなって『なんだかなー』といつも感じております。
 あと、突っ込みのサウンドエフェクトと、画面のフラッシュはもう少し抑えて欲しいところです。少し私には度が過ぎて、TVのお笑い番組で編集された笑い声効果音のようにいやみを感じました。(オプションで突っ込みエフェクトと画面フラッシュ頻度を調整できれば大喜びします。)

 熱帯のレビューでは『逆転裁判』サイドの声優のひどさの指摘が多数あります。はい、全くその通りに感じます。なんであんなのでOK出しちゃうんだろ。まだ『鬼武者』の金城さんのほうがましに思えてしまいます。
 ちなみに映画『逆転裁判』も良くなかったです。あんなに楽しみにして観にいったのに・・・・今まで生きてきた中で最も上映中に爆睡した映画でありました。単に面白くなくて眠ったと言うより、これ以上観ていたくなくて眠ったなんて映画はこれまで経験がありませんでした。(映画は役者さんだけが悪くて観たくなくなったわけではなくて、雰囲気すべてがあわなかったのですが・・・。)


終了した後、バージョンを1.1にアップデートして、スペシャルエピソードとスペシャルギャラリーをダウンロードして、それらもプレイし終わりました。無料DLCながら、量も質も楽しませてもらいました。

(さて、次は『逆転裁判5』です。少なくとも成歩堂氏の声は、これまでのPVも担当されていた声優さんなので安心してプレイすることができそうです。)

 失礼いたします。

 追記(2013/08/11):『レイトン教授』シリーズのファンの方が記事(kobayashiriの日記)を書いておられて、非常に好感の持てる記事でしたので、トラックバックいたしました。

|

« 缶コーヒーのBlackを受け入れられるようになりました。 | トップページ | 振るの?振らないの? »

DS」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/57882227

この記事へのトラックバック一覧です: 『レイトン教授VS逆転裁判』終わりました。(追記2013/08/11):

« 缶コーヒーのBlackを受け入れられるようになりました。 | トップページ | 振るの?振らないの? »