« 7への移行作業覚書(家族PC)1 | トップページ | 7への移行作業覚書(家族PC)3 »

2013年12月22日 (日)

7への移行作業覚書(家族PC)2

家族PCのOSをWin XPからWin 7へ移行する作業の覚書2です。

 無線LANが接続でき、退避ファイルを復帰させた次の日、ドライバ類をWin7 64bit用に更新し始めました。(本来はWin7を新規インストールした直後に実施するべきなのでしょうが、前日の新規インストール直後にあまりにも自然に動作しておりましたので、ドライバインストールを翌日に持ち越してしまいました。)

・NVIDIA GeForce GTX460のグラフィックドライバ
・サウンドドライバ
・USB3.0 ドライバ
・LAN ドライバ

 と、インストールを実施し、特にインストールに不具合が発生したようなインフォメーションも特に無く、デバイスマネージャー上も問題なく認識され、プロパティでのデバイスの状態も『このデバイスは正常に動作しています。』状態だったのです。

・・・・しかし、有線、無線ともにLANにつながらず、ネットワーク診断でも機能に問題あり、ドライバに問題ありと診断され、修復を選択しても『修復できませんでした』と結果が出るのみ・・・・なのに、有線、無線LANデバイス共にデバイスマネージャー上は問題なく認識され、プロパティでのデバイスの状態も『このデバイスは正常に動作しています。』状態という・・・・。

 で、コマンドプロンプトで、MACアドレスを見ると、有線、無線LANともにMACアドレス、IPアドレス関連は全滅・・・・まったく存在しないという・・・。

 かなりお手上げで悩みました。

・・・で、とりあえずOS移行直後の復元ポイントまで戻り、ドライバを入れなおすところから始めました。
 そして、LANドライバフォルダにあるsetup.exeに頼ることなく、デバイスマネージャーのLAN機能プロパティからドライバー更新→ドライバーフォルダ直接参照してやってドライバー更新すると・・・・・
2013120401
やっとMACアドレスが復活したことがコマンドプロンプトで確認できました。おそらくsetup.exeではフォルダ内の最適なドライバが選択・インストールできておらず、OS側からの判断によるドライバ選択・インストールする必要があったようです。

 そして、ハズレだったのではないかと疑われる無線子機(WLI-UC-G300HC)を返却し、新たに購入した無線子機(WI-U2-300D)のドライバーをインストールして、無線LAN用MACアドレスを無線親機に登録すれば・・・・無線でのネット接続も可能になりました。

 失礼します。

|

« 7への移行作業覚書(家族PC)1 | トップページ | 7への移行作業覚書(家族PC)3 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/58793455

この記事へのトラックバック一覧です: 7への移行作業覚書(家族PC)2:

« 7への移行作業覚書(家族PC)1 | トップページ | 7への移行作業覚書(家族PC)3 »