« いいな、いいな、いいなぁ、バイオグッズ1 | トップページ | やっと収集率100% »

2014年2月27日 (木)

追記4、病んだHDD

 1、始まり
 
昨秋、私のWinXP機のパーティションが3つ、『マイコンピュータ』上から見えなくなりました。なんとこいつら、ゲーム『OBLIVION』、『煩悩』、『Back up』という私のWin XP機の中でも最重要パーティション達!!??でありまして・・・・。
 『冷静になれ、冷静になれ、なくしたところで命までは奪われないっ!!かなり前にもどってしまうけれど、外付けHDDにバックアップもしてあるっ!!』と言い聞かせつつ、外付けHDDのバックアップデータを見て『ぁー、かなり前のデータだなぁーー・・・・かなりショボーンだなぁ・・・。・・・しかしBack upとOBLIVIONを同じHDDにしてたとは・・・・かなりお間抜けだったなぁ。』と、かなり諦めモードでしばらく放置いたしました。
 ただ、とりあえずメーカーは違うものの、同じ仕様のHDDを確保して交換に備えることにしました。

 2、あがき
 とりあえず、不具合はオーバークロック設定やマザボの電池とか電源にあるのかもしれないと、
 オーバークロックはデフォルトクロックに、
 マザボの電池は交換、
 電源は銀石の製品を注文
いたしました。
 まだ見えなくなったパーティションはそのままです。そこで、とりあえず、電源を変える前にどのHDDが病んでるのか確認することにしました。(増設、増設でどれがどれだか、わからなくて・・・・。)
 ・・・・で、PCケースを開けて『これかなっ??』と外したHDD、・・・・病んだHDDではなかったのですが・・・・!!!!な、なんと、見えなくなっていたパーティションが全て見えるようになっていますっ!!!
 電源負荷が軽くなったからなのでしょうか?やはり電源が悪いのでしょうか??とはいえ今を逃すことはできません。全部で400GB程度のデータで、USB2.0接続では時間がかかりすぎますが、外付けHDDにデータを退避させました。(非常に時間がかかりましたが、電源を切らずにデータ移行を済ませました。)
 ・・・で、外したHDDをそぉーっと元にもどしますと・・・・『ぁ、パーティション見えたままぁ・・・』・・・ということでとりあえず、そのまま放置することにしました。(銀石電源も次のWin7機に使うということにして、取り替えませんでした。)

 3、重い腰を上げる
 パーティションは見えたままになったものの、やはりそれらのパーティションにアクセスするとエラーが発生して、ブート時にチェックディスクが発動して『このセクター読めませんっ、このセクターも読めませんっ、ここも読めまへん、ここも読まれへんって、・・・・だからぁ、読めへんのんじゃぁぁぁ!!!』とばかりに、律儀に病んだHDDをチェックするものですから、OS起動までたどりつきません。
 『やはり、Win7機を作る前に交換したほうが良いか』ということで、確保してあったHDDと交換することにしました。
 相変わらず、どこのHDDが病んだHDDなのかわかりません。『これかな?』と外したHDDがブートHDDで・・・・・ぁーっ!!起動できねーっ!!とかになったりしまして、BIOS画面にらみながら、ぁーっ!!病んだHDDが最優先になっとるぅーっ!!とか騒ぎながら、ブート回復という余計な時間をはさんだ後、該当の病んだHDDを交換しました。
 病んだHDDは記事『今の季節には効果があんまりないけど』で書いた氷室の中にあったHDDで・・・・これ、断熱材が内部に貼られていたりして、本当は熱的にこもるだけなんじゃないのっ!!???なんか駄目な気がするーーーっ。・・・って、結局、新しいHDDも氷室に納めたました・・・・5インチベイにしか取り付けるスペースがないもので・・・・。夏場のHDD温度チェックをこまめにしなければ・・・・。

・・・で、これがどす黒い煩悩をかかえる病んだHDD、
2014020601
分解して、ディスクを傷つけてから廃却することにします。

 これで安心してWin7機作成に移行できます。
 失礼します。

|

« いいな、いいな、いいなぁ、バイオグッズ1 | トップページ | やっと収集率100% »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/59154287

この記事へのトラックバック一覧です: 追記4、病んだHDD:

« いいな、いいな、いいなぁ、バイオグッズ1 | トップページ | やっと収集率100% »