« 管理状況覚書9 | トップページ | 酒蔵へ行ってきた4 »

2014年8月25日 (月)

ちょと前に酒蔵へ行ってきた1(追記)

  先日、酒蔵『麗人』を訪ねてまいりました。近くには他にも有名どころの酒蔵が四軒ほどあるのですが、少し気になった商品がございまして『麗人』を訪ねることになった次第であります。

 まずは酒蔵の裏手にブルワリーが設けられているということで缶タイプの地ビール。

2014060201
 両側がケルシュビールの『しらかば』、中央がスタウトビール(いわゆる黒ビール)の『黒百合』です。他にもアルトビールの『りんどう』もこのブルワリーで作られているとのことですが、まだ缶の風味に合わないということでビンタイプのみで販売されております。
 ちなみにケースに記載されている説明文は次の通りです。

2014060202
 ケルシュビールは非常に飲みやすかったであります。ただがっつりしたビールの風味を楽しみたい方には物足りないかもです。

 そして次に気になった商品の一つが『reijin はじけるピンク色のお酒』。

2014060203
 日本酒なのですが、醸造の過程で色はピンク色に、そして発泡しております。口に入れた瞬間に甘みと、発泡性のやわらかい刺激があります。そして、あまり強くない日本酒の風味があとに残ります。とても飲みやすい日本酒でした。

 そして写真はないのですが『辛口吟醸酒 麗人 辛口の極』が日本酒っぽい甘みを感じさせなくて、非常においしい日本酒でありました。

 他にも気になった商品も入手しておりますが、また別途ということで。

 失礼いたします。

 2014.8月追記
5月に蔵元を訪問した際にはまだ、アルトビール『リンドウ』の缶ビールタイプは開発中とのことでしたが、現在はアルトビール『リンドウ』の缶ビールも販売されているようです。

|

« 管理状況覚書9 | トップページ | 酒蔵へ行ってきた4 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/59784072

この記事へのトラックバック一覧です: ちょと前に酒蔵へ行ってきた1(追記):

« 管理状況覚書9 | トップページ | 酒蔵へ行ってきた4 »