« 脂質異常だったんだよぉ、むかしわぁ | トップページ | 神々への抵抗 »

2014年11月 3日 (月)

ドライビングランプバルブ交換 と 見かけた車(201411)

 日本向けモデルでは低ワットのフォグランプが搭載されていますが、欧州ではそれなりのハイワッテージバルブを使ったドライビングランプが搭載されています。{Daytime Running Lamps(DRL)の規制対応なのでしょう。}レンズカットもまったく異なる代物で、日本向けモデルのフォグランプは夜間ドライブの助けにはいまいちです。私の車には日本向けのフォグランプは搭載せず、欧米のドライビングランプを搭載しています。
 昨日、左のドライビングランプが点灯していないことに気づきました。

2014110101
 バルブを外してみると、明らかに死んでます。
2014110102
 バルブはドイツ・オスラム社の12V 55W品 バルブタイプはH1です。
2014110103
 そこで、IPF社のX12R(12V 65W)を導入しました。(色温度は低いほうが低ワットでも視認性が良く、かつ低コストなのですが・・・ちょと青白い光を導入してみたくて5300K品にしてしまいました。)FUSEやハーネスの電流容量が大丈夫か気にはなりますが・・・『これまで55Wバルブで4半世紀以上問題なかった』という実績だけに頼ることにします。
2014110104
 端子部分が錆び錆びでしたので、紙やすりで錆を落としてからバルブ交換しました。(錆び錆び端子写真)
2014110105
 左右とも交換終了。
2014110106

 夜になってから確認ドライブしましたが、かなり光軸が上を向いてしまっているようです。次回の早朝ドライブ時にでも調整が必要です。

 確認ドライブ時、初代トヨタセリカのリフトバックをお見かけしました。夜間にもかかわらず、先方ドライバー(壮年~中年期かな?の男性)もしっかり弊車を確認しておられました。

 失礼します。

|

« 脂質異常だったんだよぉ、むかしわぁ | トップページ | 神々への抵抗 »

趣味」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/60593467

この記事へのトラックバック一覧です: ドライビングランプバルブ交換 と 見かけた車(201411):

« 脂質異常だったんだよぉ、むかしわぁ | トップページ | 神々への抵抗 »