« Win7機の性能確認も含めて | トップページ | アレルギーとピロリ菌 »

2015年7月19日 (日)

改善したいから12 献血覚書9 と 見つけた内蔵年齢チェックシート

献血結果が届きました。

ALT(GPT)値
2010年秋          :80 IU/L  NG
2011年春(改善生活開始後3ヵ月ほど):40 IU/L  少し高め
2011年秋(改善生活開始後半年ほど) :20 IU/L
2014年春           :20 IU/L
2015年冬           :25 IU/L
2015年春                        :20 IU/L
 安定しています。

γ-GTP値
2010年秋          :145 IU/L  激しくNG
2011年春(改善生活開始後3ヵ月ほど): 50 IU/L  少し高め
2011年秋(改善生活開始後半年ほど) : 25 IU/L
2014年春           :20 IU/L
2015年冬           : 20 IU/L
2015年春                        : 20 IU/L
 非常に安定しております。

総蛋白(+9%)
アルブミン(+9%)
アルブミン対グロブリン比(±0%)
コレステロール(-2%)
グリコアルブミン(+4%)
白血球数(-11%)
血小板数(+2%)

 結構安定しております。
 先日、『内蔵年齢チェックシート』をある文献内で見つけました。

2015070201
 これは血液検査結果の数値に応じて、年齢が加算されて内蔵年齢として判定されるようです。ですので、タ○タの体組成計で『とりあえず体内年齢が若く出たーバンザーイ』なんてことはないのです。あとライフスタイルを本人アンケートでチェックするような、本人の思惑が加味される体内年齢チェックでもありません。

 あと『
血管年齢チェックシート』にも、血液検査結果の数値をもとにチェックする血管年齢チェックシートがあります。検査項目、基準数値、加算年齢など上記の『内臓年齢チェックシート』と同じです。
 こちらのチェックシートには追記情報がありまして、
 『すべての検査項目の検査値が基準値内こある40才未満の人の血管年齢(内臓脂肪)は実年齢と同じです。同じく40~64歳の人の場合は-5才、65才以上の人の場合は-10才とします。』
 と記載されておりまして、チェック結果の血管年齢が減算される要素もあるようです。

 私も自分の血液検査結果を、上記の『内蔵年齢チェックシート』で確認してみました。・・・・LDLコレステロールだけが120を超えていて(というか148で)NGでした。・・・+4歳です。
 
 最初は中性脂肪値を改善したくて、いろいろ試行錯誤していたのですが、次の改善目標はLDLコレステロールであります。(・・・・でも、LDLコレステロールは昔からあまり数値が変わってなくて・・・どうしたらいいんだろ。なんか、ほんのわずかの動物性脂肪の摂取だけでLDLコレステロールを数値を上げてしまう体質もあるらしいし・・・・。むしろ、かなり好成績のHDLコレステロール値を上げることを試行錯誤してみましょか・・・・。)


失礼します。

|

« Win7機の性能確認も含めて | トップページ | アレルギーとピロリ菌 »

心と体」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/61837823

この記事へのトラックバック一覧です: 改善したいから12 献血覚書9 と 見つけた内蔵年齢チェックシート:

« Win7機の性能確認も含めて | トップページ | アレルギーとピロリ菌 »