« 家族用PCのウィルスバスター再インストール | トップページ | ハイボールなら・・・ちょと飲める。 »

2016年4月25日 (月)

ミノキのハナシ2(追記1)

 記事『献血いたしました。(ミノキのハナシ)(追記5)』以来、ミノキのハナシをほったらかしにしておりましたので、続きの覚書です。
(いつものように少しずつ追記していこうかと思います。)

 『カークランド5%』に含まれる基材のプロピレングリコールによる刺激と推測される頭皮のかゆみを回避するために、私は『ポラリス NR-08』を使用することにいたしました。
2016010201

(この記事を書く際に調べなおしてみますと、 『カークランド5%』と同様な『ロゲイン』と『ポラリス NR-08』を比較したサイトがありました。『私がロゲインから「ポラリスNR08」に乗り換えた理由』 プロピレングリコールによる炎症と、NR-08の成分に関して詳しく記載されています。ミノキシジルの濃度は『カークランド5%』の5%に対して『ポラリス NR-08』は7%となっております。)

(追記1)
 ただ、この『ポラリス NR-08』は、粘度が高く、そして乾燥するまでの時間が長かったため、別製品を使うことを考え始めました。
 ポラリスリサーチラボラトリーズ社の製品『ポラリス』シリーズには、より高濃度のミノキシジルが含有された『ポラリス NR-10』(ミノキシジル濃度:16%)、より新しいテクノロジーが適用された『ポラリス NR-11』(ミノキシジル濃度:12%)があります。
 しかしこれらの製品にはフィナステリドが配合されており、女性や子供が直接触れてしまう可能性があります。(記事『運命にあらがって1(献血一ヶ月前だから)』に記載しましたように、ホルモンバランスを崩してしまう場合があります。)ですので、これらの製品は使用の候補からはずしました。
 そこで、フィナステリドが配合されておらず、かつミノキシジル濃度が高い(15%)の『ポラリス NR-09』を使用することにしました。
2016020201

『ポラリス NR-09』のレビューは『ポラリスNR-09徹底レビュー!育毛効果・副作用から使い方まで! 』に詳しく記載されております。(ただ、べたつきに関しては『ポラリス NR-08』のほうが強く感じ、『ポラリス NR-09』のべたつきは私にとっては特に気になるものではありません。)

 失礼します。

|

« 家族用PCのウィルスバスター再インストール | トップページ | ハイボールなら・・・ちょと飲める。 »

心と体」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204603/63010829

この記事へのトラックバック一覧です: ミノキのハナシ2(追記1):

« 家族用PCのウィルスバスター再インストール | トップページ | ハイボールなら・・・ちょと飲める。 »