カテゴリー「映画・テレビ」の記事

2017年2月 5日 (日)

オノマトペでできたっ!!

 1月30日の「あさイチ」を見て、卵を割るときにオノマトペを使いましたら、初めて卵の片手割りができました。
2017020101

・・・ただ、「たたいてひびを入れる」工程は、ビビッてしまって結局「コンコンコン」・・・うーんあんまり割れてない・・・「コンコンコン」とテーブルに6回打ち付けちゃいました。

 失礼します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

○○。○は本当にあったんだ

 昨日2016/12/23の我が家近くの天気予報は「晴れ」だったのにも関わらず、晴れというよりは真っ黒な雲による曇り・・・・晴れ間は遠くに見えるけど・・・・

 そして急に強い雨が降ってきたり・・・・・虹が見えたり・・・・・

 ・・・で、夕方、家を出ようとすると・・・・遠くに「竜の巣」状の雲が・・・・・

2016120201

「○○○は本当にあったんだっ!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 1日 (土)

何をなかったことにしたらいいんだろ

 少し前になりますが、『ターミネーター 新起動 ジェニシス』を観てまいりました。

 ぃやぁ、シュワ様のための映画でありましたな。・・・・しっかし、これまでの作品の何を残して、何をなかったことにしたら良いのか・・・・混乱しまくりであります。

 時間の概念を感じた人類ってすばらしい。さらには『タイムトラベル』の概念に拡張した人類って、ほんっとにすばらしい。・・・・そして、とりあえずなかったことにして、忘却してしまう機能を備えた人類もすんごくすばらしいっ!!

 『ターミネーター』も、先日観た『マッドマックス』も、一作目は低予算ながら非常にインパクトのある作品だったのですが・・・・新作に関しては、私は『マッドマックス』推しであります。

 ちなみに国立文楽劇場が開館した1984年は、『ターミネーター』一作目の全米公開と同じというつながりから次のようなコラボポスターが作成されていますね。

2015070401

 パッと周りを見回して、すぐに取り出せたサングラス
2015070402

 『ターミネーター』一作目で、シュワ様が偽装した眼球を取り出した後、赤く輝く本来の視覚センサーを隠すために装着した『ガーゴイルズ』のクラシックモデル サングラスです。
 10フィート離れた位置から22口径ピストルで、ポリカーボネート製のレンズを撃っても、貫通しなかったという逸話があります。米軍支給品に採用されたこともあるようです。
 どれも微妙にレンズの色が違います。1980年代の日本では入手できるモデルは多くなかったのですが、仕事で米国に行く機会が多かったので、渡米するたびに入手していました。
(アウトレットモールでは、とても欲しかったブルーカラーミラーレンズ仕様を入手できたりして、懐かしいであります。他のカラーミラーレンズタイプは仕舞いこんでいて、すぐに取り出すことが出来ませんでした。)

 失礼します。

| | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

半端なく集中してしまいました。 と バイオアパレル11

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観てまいりました。

・・・・いやぁ、ほんと良かったわ。ヒャッハーな世界ながらも、背景が充実していて、登場人物も全てキャラだちしてるし。

 『
マッドマックス 怒りのデス・ロード WIKI』にも世界の批評家から高い評価を受けている旨の記載があって、納得です。
 国内の評価も検索すると、高い評価や感想がいっぱいあって、納得しました。

 何しろ『手に汗にぎる』ってレベルでないくらい集中の連続で、ドリンク買ったことも忘れてしまって・・・エンドロールで『あっ!!ドリンク買ってたー。すっかり忘れてたー』ってな感じで・・・こんな映画ほとんど記憶がありません。

 全編、重金属なサウンドにひたすら駆り立てられるのですが、このサウンド、サントラ扱いなんかじゃないところがいぃっ!!!この設定、いぃっ!!『ドゥーフ・ワゴン(ドラム・ワゴン)』めっちゃ欲っすぃーーー、いぃっ!!
イィ―*:.。.:*ヽ(≧∪≦)ノ*:.。.:*―ッ!!
('∀'o)ィィヤン!!(o'∀')ィィヤン!!ヽ(o'∀'o)ノィィ--ヤン!!!
*:..。o○めぇぇっちゃd(●゚∀゚)bいい!!○o。..:*

 

さらに、さらにパンフレットの充実っぷりったら・・・いぃっ!!
2015070101
 64ページにわたって、情報たっぷり。マシン情報がしっかり掲載されているのはありがたひっ!!
 そして、そのうち16ページは前3作情報!!36年ぶりの永井豪氏の一作目イラスト、34年ぶりの生頼範義氏の二作目イラスト掲載もいぃっ!!

 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観に行くにあたりまして、着用したバイオアパレルは(って、マッドマックスとは全然関係ありませんが・・・・。)

2015070103
 アッパーがレオン・S・ケネディの『エージェントTシャツ MkⅠ』(ただし、製造国、材料を考慮するとバージョンⅡ)になります。
 ボトムは『バイオハザード リベレーションズ2』から、バリー・バートンが着用するALPHA社とのコラボによるBSAAパンツになります。添付されているコードを入力するとゲーム内のバリー・バートン氏が着用してくれるようになります。

2015070104

 ぁ、11月21日から上映予定の『ガールズ&パンツァー 劇場版』の前売り第1弾も購入いたしました。
 主人公所属の『あんこうチーム』バージョンはSOLD OUTでしたので、『ウサギさんチーム』バージョンにいたしました。

2015070102
 しっかし、前売り第1弾は全13種、さらに第2弾は描き下ろしイラストバージョン、さらにさらに第3弾は異なる描き下ろしに加えて書き下ろし小説付き版まで・・・・商魂たくましいっすな。

 失礼します。

| | トラックバック (0)

2015年5月13日 (水)

映画前売り券を買いました。なるほどねぇ的な笑顔を見ました。(追記2 バイオアパレル10)

『MAD MAX 怒りのデス・ロード』と『ターミネーター ジェネシス』の前売り券を買ってきました。
2015050301

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』も気になりますが、このシリーズは映画館で一度も観たことがありませんので、今回もテレビ放送まで待つつもりであります。

 で、『前売り、あるかなー?』と品定めしてから、『マッドマックスとターミネーターの前売りください』と申しましたら、この格好だったものですから、

2015050302

前売りチケット売り場のお嬢さんは、『ぁー、なるほどねぇ。そだょねぇ。』みたいな、ぬるぅーい笑顔をしておられました。

 ・・・ぁ、この格好、記事『北国ミッション と バイオアパレル9』で北国へ行ったときの格好から『DSOレザージャケット』と『KRYPTEC社Tactical Scarf』を脱いだだけじゃん・・・・。・・・ちがぅもん、『バイオハザード5 LIMITED EDITION』に同梱されていたBSAAウェストポーチを肩がけしてるところがちがうもんっ!!

 失礼します。

| | トラックバック (0)

2014年12月 1日 (月)

少々うつになりました

映画『FURY』観てきました。
映画『フューリー』公式サイト /
あまり若い方はおられなくて、年齢を重ねられたご夫婦が多かったです。

いやー、あまり軽いノリで観る映画ではありませんな。『ボービントンに現存する唯一自走するティーガーが登場するぅーーっ』なんて、ミリオタ気分なんか吹っ飛びます。

人が、人でいられない、・・・そして、人が人でなくなる・・・それは、精神的にも物理的にも・・・。
それが当たり前な時代のエピソードがたんたんと描かれています。
今も地球上でそんな風景が当たり前な地域があります。

しっかし、物理的に人が人でなくなる(原形をとどめなくなる)瞬間が多すぎて・・・(それも技術が進んだおかげでリアルすぎて・・・)少々うつになりました。

失礼します。

| | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

大丈夫でしたとも4

 記事『さてこれは『大丈夫でしたとも』って書けるでしょうか』に記載した『UCCミルクコーヒー エヴァンゲリオン缶 特製6缶パック』を飲みきりました。

 はいはい、『大丈夫でしたともっ』。

 ・・・で、セットの中に入っていた缶の柄は5種類ありました。(6缶セットですので、1つだけダブっていたことになります。)

 柄はと申しますと、
共通部分

2014100101

個別部分
2014100102
です。(どのキャラもUCC缶コーヒーを手にしていますね。)

 ダブっていた柄は『アスカ、シンジ、レイ』の3キャラが載っている缶でした。

 それでは失礼します。

| | トラックバック (0)

2014年7月26日 (土)

作っているスタッフの愛情が感じられるので

OVA『ガールズ & パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!』を映画館で観てまいりました。

 世界が武道としての『戦車道』が普通に存在することを暖かく容認し、そして武道としての『戦車道』をたしなむキャラクター達にとんでもなく捻じ曲がった感がないので、観易い作品であります。

 それになんと申しましても、戦車の選択、戦車の描写に、作っておられるスタッフの愛、こだわりがビンビン感じられて・・・・よ・い です。
 音楽も各学校のベースになっているお国柄をよぉくあらわしたマーチが多くて、戦車ものによくあっていると、私は思います。


 失礼します。

| | トラックバック (0)

2014年3月25日 (火)

いつものおいてきぼり感

映画『偉大なる、しゅららぼん』を観てまいりました。

 原作は、『鴨川ホルモー』、『鹿男あおによし』、『プリンセス・トヨトミ』の万城目 学氏です。
 氏の作品は設定が荒唐無稽ですので、いつも少しおいてきぼり感を感じながら、一生懸命追いかけて拝見させていただいております。今回も少し説明的な表現が先行しながらの展開でありました。

 個人的には黒幕へのやさしいフォローが欲しかったであります。

 『プリンセス・トヨトミ』よりは観終わった後の残念感は少なかったであります。あと、ビロード生地っぽい赤ジャージを着た深田恭子さんがけっこう出ずっぱりで・・・ボディラインが見えそで見えなくていやぁ良かった良かった。

・・・・で、パンフはこちらを買ってしまいました。
2014030201
このパンフとても丁寧で詳しくて、ぁぁ良いわぁ。

 失礼いたします。

| | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

猫侍

 先日、映画『猫侍』を観てきました。
 あまりキャパの大きくないシアターでしたが、1000円チケットの日だったこともありまして、ほぼ満席でありました。
 年配の方々も多く、普段映画を観に来られない方々も多かったように思われます。(と申しますのは、本編が始まってから入って来られる方も多かったもので、あまり慣れておられないのかなっと思った次第であります。)

 内容はTVシリーズよりもギャグっぽいパラレルワールドが展開されております。(斑鬼の心の声多しっ!!)

 猫好きの観客の方が多いからでしょう。玉之丞のシーンになると、なんとなくざわざわします。『猫ちゃん大好き、かわいぃぃ』オーラを観客席から感じます。

 申し訳ないのですが、少し寝てしまいました。少し予定調和が多すぎて、気づくと何度か眠ってしまっておりました。

 劇場入場者には『いやし猫DVD 蔵出し 玉之丞』がプレゼントされていました。
2014020801

 その前の週には『土竜の唄』を観てまいりました。

 妻に、そして母親になられた仲里依紗さん、相変わらず素敵でした。

 『いい種も、悪い種も自分で刈り取る』的な堤真一さんのセリフはなかなか良かったですよ。

 ただし、にぎやか、派手ながら、中身はあまりないと申しますか・・・・ですので、パンフは買いませんでした。(パンフ買わなかった映画って、ほとんど記憶がありません。むしろパンフだけ買った映画はけっこう有るのですが。)

 公式サイトのキャラクター診断で、私は黒河剣太『上地雄輔さん』タイプになりました。

 次は3/8から公開される『絶狼 ZERO  BLACK BLOOD』、そして『偉大なる しゅららぼん』を楽しみにしております。

 失礼します。

 

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧