カテゴリー「ガンダム関連」の記事

2015年1月10日 (土)

冬休み中に助けられて(追記2)

冬休み中にPS3のゲームソフト『機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』のプラチナトロフィーを獲得して、終了させました。
 

2015010301

2015010302

 感想は『機動戦士ガンダム サイドストーリーズ 感想・評価まとめ』を見ていただくとして・・・うーんこのまとめは甘口すぎるかなぁ・・・・Amazonの評価の方がこのゲームに関しては総意に近いかも・・・。個人的にはあまり『完全リメイク』にこだわっておりませんでしたので、あまり裏切られた感は感じませんでしたが・・・。
(オリジナルを遊びたければ、ゲーム機を引っ張り出して遊べば良いと考える輩でありますので。)

(追記1)
 で、何を助けられたかと申しますと、年末年始に帰ってきていた家族にです。

 私は説明書も読まずに感覚だけでプレイする輩なので、何かとゲームプレイに行き詰ります。しかし家族は私がゴリ押しプレイしているのを何度か見て、説明書に一通り目を通すだけで私が行き詰っていたところを攻略してくれました。(あまりアクションゲームなどはしない人なのですが、分析能力が高いことで、直ちに最適な攻略方法、プレイ方法を見出してしまいます。・・・で、それなりの難易度のアクションゲームも初見で攻略できてしまうようです。)

・・・で、助けてもらって壁を乗り越えると、気分屋の私のモチベーションも再び回復して、トロフィーコンプリートに至ったという次第であります。

(追記2)
 VRミッションの終盤で良くお世話になっていた機体は『マドロック』と『ギラ・ドーガ(VG)』をデフォとして
2015010303
 ミッションに応じて『ジム・ストライカー』、『ガンキャノン重装型D(MH)』のどちらかでありました。
2015010304

 さらに部隊コスト枠が広がった最終状態では上記デフォ機体に加えて、ミッションに応じて『イフリート・シュナイド』と『ペイルライダー空間戦仕様』を使い分けておりました。
2015010305

 『イフリート・シュナイド』の圧倒的な近接戦攻撃力と、スラスター性能には爽快感がありました。
 そして何よりも『マドロック』、ガンダムの正当な6号機なのですが、ゲーム『ジオニックフロント』、原作小説ではとても残念なことになっています。・・・しかし、このゲームでは『マドロック』のスペシャル攻撃にたくさんたくさん助けられました。

 失礼します。

| | トラックバック (0)

2014年6月 3日 (火)

赤い彗星仕様がぁ

 私はひげを剃るのに、貝印の『赤い彗星仕様K-4テトラ』を使っておりました。
2014060101

しかしながら、さすがに塗装がはがれてきてしまいました。
2014060102

 そこで、ガンダムMkIIフィギュアが付いていた頃の、『シルバーK-4テトラ
』に変更いたしました。
2014060103

 
 ちなみに『赤い彗星仕様K-4テトラ』に付いていたホルダー&替え刃ケースはなかなか立体感があって良い感じです。
2014060104

 蛇足ではありますが、家族は『黒い三連星仕様K-4テトラ』であります。
2014060105

 失礼します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

ゴチャゴチャッと復帰

しばらく退避させていた、趣味丸出しの物達です。
2013020501
 PowerMac G3 B/W改 G4のてっぺんに復帰させました。
・仮面ライダー アギト グランドフォーム (クロスホーン展開後)
(本当はG3とかG3-XとかG4を持っていれば、置きたいところであります。)
・鉄人28号類
・ウルトラQ ケムール人
・春麗 キャンギャル
・霞 XBOXキャンギャル
・ワルキューレ
・ちっちゃいガンダムフィギュア類
・チョバム付きアレックス
・グフカス
・ケンプ
・レースクィーン 永瀬麗子 (ヴァーチャルながらプロフィールは1975年2月14日生まれ・・・もうすぐ38歳 アラフォーですなぁ。)
・懐かしBCLラジオ
・守護本尊

  PowerMac G3 B/W改 G4のフロント部にはポカリスェットの綾瀬はるかさんラベルがペタペタっと・・・2005年とか2006年頃のものでしょうか。
2013020502

 失礼します。

| | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

賞味期限を過ぎておりますので 5

記事『賞味期限を過ぎておりますので 4』と同様の理由で、いただきました。
2012050301
 カップヌードル発売40周年記念 カップ ガンプラ&カップヌードル
『カップガンプラ 1/200スケール RX-78-2 ガンダム カップヌードルオリジナルカラーver.』です。

2012060201
 白、赤、黄のガンダムはRGM-79 ジムっぽいですが、よく似合っています。
 記事『賞味期限を過ぎておりますので 2』の『MS-06S シャア専用ザク カップヌードルオリジナルカラーver.』よりもずぅぅぅーっといい感じです。
2012060202
 スジ彫り部のスミ入れもいい感じです。・・・もちろんパッケージ写真は完成例なので、自分でスミ入れしてやる必要がありますが・・・。

 「白、赤、黄のガンダムはRX-78-5のガンダム5号機だったなぁ」と調べてみるとけっこう黒色の外装パーツ部分も多かったのですね。

2012060203
 これで賞味期限が過ぎたカップヌードルを全部いただきました。
 ごちそうさまです。
 失礼します。





| | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

賞味期限を過ぎておりますので 4

記事『賞味期限を過ぎておりますので 3』と同様の理由で、いただきました。
2012050101
カップヌードル発売40周年記念 カップ ガンプラ&カップヌードル
『カップガンプラ 1/200スケール RX-78-2 ガンダムver.』
 です。
2012050102
『MS-06S シャア専用ザクver.』と同様なグラデーションが施されています。青色が鮮やかなパッケージです。(変にトリコロールカラーにしていないのが個人的にいい感じです。)

2012050103

 さて、残るは『ガンダム カップヌードルオリジナルカラーVer.』か。
 失礼します。

| | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

賞味期限を過ぎておりますので 3

 記事『賞味期限を過ぎておりますので 2』と同様の理由で、いただきました。
2012033001

 カップヌードル発売40周年記念 カップ ガンプラ&カップヌードル
『カップガンプラ 1/200スケール MS-06S シャア専用ザクver.』
 です。
2012033002

 グラデーションが施された深い赤色の箱がいい感じです。
2012033003

 失礼します。

| | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

賞味期限を過ぎておりますので 2

 記事『賞味期限を過ぎておりますので』と同様の理由で、いただきました。
2012011802

 カップヌードル発売40周年記念 カップ ガンプラ&カップヌードル
『カップガンプラ 1/200スケール MS-06S シャア専用ザク カップヌードルオリジナルカラーver.』
 です。
2012011801

・・・膝関節とか、コックピットのある胸部とか、白く目立たせるなんて・・・どゅことぉぉぉ??!!!
2012011803

・・・・失礼します。

| | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

賞味期限を過ぎておりますので

 人体改善計画を遂行中ですので、もう少し放置しておきたいのですが、いただくことにしました。
 カップヌードルリフィル ガンダムVer.です。
2011071501
 耐熱ガラスがもう少し厚くて丈夫そうなら良いのですが、薄いので早いうちに使えなくしてしまいそうです。
 外箱はとことんガンダムVer.であることを主張しています。
2011071502 2011071503 2011071504 2011071505 2011071506 2011071507 2011071508 2011071509 2011071510

 味はどうだったかというと普通にカップヌードルでした。おいしくいただきました。節電のおり、電子レンジは使わず、お湯で作りました。
「賞味期限?冗談じゃありません、現状でカップヌードルリフィルの性能は100%出せます・・・!!」

 そしてごちそうさまのあいさつは
「さすが日清だ、なんともないぜ!」

 失礼します。

| | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

妄想を書いていたこともありましたね。(追記)

 2年半ほど前の記事でこのような妄想を書いておりました。
XBOX360 ガンダム オペレーショントロイへの妄想

 その後、入手したものの案の定、妄想は実装されていることはありませんでした・・・。(当たり前だっつの。)
 そしてマルチプレイすることもなく、シングルプレイでほんの少しずつプレイしておりました。
 この度やっとシングル卒業許可が出ました。
2011030301

 しかしこのゲーム、BGMがとっても控えめでモチベーションが上がりにくいのです。とは言うものの実際の戦場はBGMなんて流れてないわけで、ある意味リアルです。
 
2011-05-11追記
 このゲームのモビルスーツはジオニックフロント系のように汚し仕上げ風にモデリングされていることに好感が持てます。
(『ガンダム戦記』系や『クライマックスU.C』のようにテカテカしたモデリングですと鉄の塊同士がぶつかる感じを表現するのには似合わないと感じるのです。)

 ガンダム関連といえば先日
ブログ『EeePCの軌跡』様の記事
 映像の世紀風「ザク」の紹介ビデオ
にて、なかなか良い動画が紹介されていました。(トラックバックいたします。)


 結局この動画出来具合に感化されて、『MS IGLOO 黙示録0079』第三話『雷鳴に魂は還る』を視聴してしまい、

オリヴァー・マイ技術中尉の

「我々の最後の戦いの映像を送りますっ!記録願いますっ!・・・願いますっ!!」

 の台詞でまたまた涙腺がゆるみそうになってしまいました。

 失礼します。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

MS IGLOOサウンドトラックの話

 記事『あぁ、観たくなってしまった』以来、『MS IGLOO』シリーズのDVDを見直していたのですが、サウンドトラックCDが欲しくなってしまい、

 を、入手いたしました。

 『MS IGLOO2 重力戦線』以外に『MS IGLOO 1年戦争秘録』のサントラもバンドルされている2枚組CDで、ロープライス品ならCD1枚分の価格で手に入るのでお買い得です。

 感想雑記
・『MS IGLOO 1年戦争秘録』のほうが作品のカラー(切なさ、哀しさ、高揚感、緊張感)が良く表現されているように思います。(ほんのわずかですが、『イデオン』っぽい進行があったりして、『イデオン』のむなしさも思い出させてくれます。)
・『MS IGLOO2 重力戦線』のメインモチーフの一つは往年のマカロニウェスタン進行で、自分の中の大部分では好き好きなのですが、自分の中の極一部が『安易過ぎるモチーフだろっ!』と主張しております。
・エンディングの持って行き方に躊躇を感じる曲があります。(サントラ製作していると、そこらへんが難しいところです。映像に使われる時は一番おいしい場所が使われるわけで・・・。・・・昔、女子大生達の発表用に依頼されて作った曲達もエンディングには悩みました。・・・必要なところは尺情報から時間を稼いで・・・・あとエンディングどうしよ・・・みたいな感じだったです。)

 ここまで書いて以前に作成した記事『
『MSイグルー2 重力戦線』1~3巻を観ました。』を読んでいたときに、こんな連邦軍サイドのMS IGLOOを観てみたいと思いました。
 ジオン系人やジオンからの亡命者で構成された部隊が忠誠を試されるように過酷な作戦を選んであてがわれて戦うお話です。(第二次世界大戦時に日系二世で編制された部隊がヨーロッパ戦線で過酷な作戦を選んで投入されたという話を思い出したもので・・・・望月三起也先生の『二世部隊物語』『最前線』シリーズはまさにこの日系二世部隊が描かれているマンガでした。・・・・あ、ぁぁぁ『最前線』シリーズを読みたくなってきましたぁ。)

 失礼します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧